坐骨神経痛

坐骨神経痛の改善方法

カイロプラクティックは坐骨神経痛改善に有効です。

坐骨神経痛といっても色々な病態があり原因は多岐に渡るため、なかなか改善されずに、悩んでいる人は多いです。しかし、原因や発症期(急性期、亜急性期、慢性期)に対して適切な処置が行えれば、坐骨神経痛は良くなる症状です。

急性期(坐骨神経痛が現れて1週間以内)は、痛みを抑えることも重要で病院で処方してもらえる鎮痛剤の服用で自然と痛みが消失していきます。ただ、なかには鎮痛剤が効かない、1週間以上たっても鎮痛剤を飲み続けないと痛みが治まらないケースがあり、このような場合はカイロプラクティック施術が有効になります。

カイロプラクティックは、画像では写らない筋骨格系の機能的な問題を解決することができます。また、カイロプラクティック心は三重県でも数少ない機能神経学、原始反射、NKTなど神経機能も評価し、一人ひとりの原因にあった施術で坐骨神経痛を改善させていきます。

坐骨神経痛でお困りの方は、ぜひ続きをお読みください。

坐骨神経痛の病院(西洋医学)治療は?

坐骨神経痛の原因が腫瘍、閉塞性動脈硬化症など特殊なケースを除けば、整形外科で坐骨神経痛治療は主に以下のことが行われます。

〇服薬

抗炎症剤(ロキソニン、ボルタレン)神経再生薬(メチコバール、ビタミンB12)神経障害性疼痛の緩和薬(リリカ)などが処方されます。

痛みの原因が炎症性であることも多く、抗炎症剤の服用により痛みが消失することもあり、急性期には有効です。ただ、副作用もあり長期の服用は勧められていません。リリカについては、坐骨神経痛に効果がないという以下の研究報告もあります。

オーストラリアの研究班が、坐骨神経痛の患者に対してプレガバリンを使った治療の効果を調べ、結果を医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました。 この研究では、治療法として、プレガバリン1日あたり150mgから開始し、必要に応じて1日600mgにまで増やす治療を8週間続けることを試しています。この用量は日本でも保険診療の中で可能な範囲ですが、より少ない用量から開始することのほうが一般的です。特に高齢者では減量が検討されます。 坐骨神経痛の患者209人が対象となりました。対象者はランダムに2グループに分けられ、プレガバリンを使うグループ、有効成分を含まない偽薬を使うグループとされました。 8週間の治療終了時点で、プレガバリンのグループと偽薬のグループを比べると、足の痛みの強さに差がありませんでした。治療開始から52週の時点で比較しても差がありませんでした。 

機能障害や背中の痛みなど、ほかの点から比較しても8週・52週時点とも差がありませんでした。

出典:MEDLEY:坐骨神経痛にリリカは効かない?

〇物理療法(けん引療法、電気治療など)

椎間板が狭い、腰椎椎間板ヘルニアなどがみられるとけん引療法が行われることがあります。しかし、腰椎椎間板ヘルニア自体が原因ではないことも多く効果がみられない人もいます。

電気治療は、炎症の抑制や組織修復を促すなど治療機器によって色々と効果はあります。急性期であれば炎症の抑制は効果的であり、組織修復を促すことも大切です。ただ、炎症を起こした原因を解決しなければ、再発する可能性は高いです。また、神経障害であると物理療法は効果が現れにくいと考えられます。

〇手術

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など手術が行われるケースもあります。手術方式は病態によって異なり、保険が適用されない術式もあります。効果はありますが、再発するリスクや効果がみられないこともあるため、手術を選択される場合でも生活習慣の見直しを考えたほうが良いです。

病院の治療は、主に痛みを抑え込む治療と画像で問題のみられる部分に対しての治療の2つです。そのため、薬を継続しないと痛みが治まらない、画像所見とは異なる原因によって効果が感じられないケースがあります。

急性期は病院治療も有効

急性期の坐骨神経痛は、炎症による痛みが強いことも多く病院で処方してもらえる抗炎症薬で痛みが軽減します。坐骨神経痛に限ったことではありませんが、慢性化(3ヶ月以上続く痛み)させないことが大事で、薬を服用してでも急性期に痛みのコントロールをすることは大切です。

しかし、なかには「薬を服用しても症状が変わらない」「薬を飲み続けないと症状が軽減されない」などの声を聞くことがあります。

薬を服用しても変わらないケースは、炎症による痛みが主な原因ではなく筋肉の関連痛や関節障害(関節の運動障害、身体全体に運動連鎖の問題)が考えられます。また、薬を継続しないと痛みが変わらないケースは、炎症の痛みはありますが、炎症を引き起こした原因が解決されていなことが考えられます。

これらの問題を解消するのは、カイロプラクティックが有効です。また、抗炎症剤は痛みに対してに治療であって、坐骨神経痛になった原因に対してではありません。そのため、薬の服用で身体が回復したとしても生活習慣の見直しや身体の問題点を解決したほうが再発予防になります。

なぜ、病院で原因が解らない?

坐骨神経痛の原因には、脊髄腫瘍、閉塞性動脈硬化症など病院での治療が優先される病気があるため、病院で診断を受けることは大切です。腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などと診断されもう治らないと考える人もいますが、そのようなことはありません。

病院では、主に画像診断が行われますが、以下のような研究報告があります。

以下は健常者と腰痛患者のレントゲン画像を比較して差がなかったという研究報告です。

腰痛患者200名と健常者200名のX線写真を比較した結果、脊椎辷り症、腰仙移行椎、潜在性二分脊椎、椎間狭小、変形性脊椎症、脊柱側彎症、前彎過剰、前彎減少、骨粗鬆症、シュモール結節、圧迫骨折、骨盤傾斜の検出率に差はない

参考文献⇒http://1.usa.gov/jb0ly3

この研究報告のとおり、症状を訴えていない人でも椎間の狭小(椎間板ヘルニア)脊椎辷り症(すべり症)変形性脊椎症など画像では問題と捉えられる所見がみられることが多いです。このような理由から画像だけで坐骨神経痛の原因はわからず、他の原因がないかを調べる必要があります。

坐骨神経痛の原因

主な原因は以下のとおりです。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰部すべり症
  • 梨状筋症候群
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 脊髄腫瘍
  • 骨盤内腫
  • 筋筋膜性
  • 仙腸関節障害
  • 内臓起因性
  • 外傷性
  • メンタル(脳)
  • 姿勢
  • 身体の使い方
  • 運動不足
  • ストレス
  • 食生活

このように原因は多岐にわたり、病院の画像診断だけでは特定できません。そのため、過去の病歴、生活習慣などの聴収や身体の圧痛の有無、関節可動域、筋肉の緊張度など全身を検査し、原因を探ることが重要になります。

それぞれの原因について詳しく書いた記事はこちらになります。

坐骨神経痛の原因/伊勢市カイロプラクティック心

カイロプラクティック心の坐骨神経痛施術

カイロプラクティックは「バキバキ」とするだけのイメージが根強いですが、「検査で始まり、検査で終わる」という言葉があり、身体の問題点をしっかりと把握してから施術を行い、その後の再検査によって施術効果を確認します。そのため、カウンセリング(現在の状況、過去の病歴、生活習慣など)関節の可動域検査、神経機能検査などの身体にチェックを重要視しています。

身体チェックで評価して多角的な視点から考えられる問題(筋肉、関節、神経機能など)に対して、一人ひとりに合わせたテクニックを用いて施術を行います。

カイロプラクティック心の施術方式についてくわしくはこちらをご参考ください。

伊勢市カイロプラクティック心の施術方式

病院、他の治療院(整骨院、整体など)でなかなか回復しない典型的な坐骨神経痛は、仙腸関節障害や腰椎の関節運動障害です。筋肉や炎症性の問題は、薬や揉むだけでも変化がみられることもありますが、本当に問題のある関節障害は、1人ひとり関節の運動方向を微調整する必要があります。そのため、関節障害による坐骨神経痛は、しっかりと技術を習得したカイロプラクターが得意とする問題です。

ほかにも循環系、内臓起因性など坐骨神経痛の原因は人それぞれであるため、原因に合わせたアプローチ方法で坐骨神経痛改善のサポートをさせていただきます。

関節障害、筋骨格系の問題⇒関節運動学的テクニック、カイロプラクティックアジャストメント

バイオメカニクス異常、モータコントロール異常⇒NKT

筋筋膜性⇒筋伸張テクニック、ストレイン・カウンターテクニック

内臓起因性⇒内臓マニュピレーション、栄養指導

施術者歴10年のセラピストが、カウンセリングから施術、再発予防のアドバイスまで一人で責任をもって担当させていただきますので、ご安心ください。

診断名別では以下の記事もご参考ください。

腰椎椎間板ヘルニアの改善方法/伊勢市カイロプラクティック心

腰部脊柱管狭窄症の改善方法/伊勢市カイロプラクティック心

すべり症の改善方法/伊勢市カイロプラクティック心

仙腸関節障害の改善方法/カイロプラクティック心

坐骨神経痛を改善させて快適な生活を

坐骨神経痛は、多くの人を悩ませている症状の1つです。

なかなか改善されず、日常生活にも支障を感じ「何とかしたい」その想いをもった皆様に多く出会ってきました。そこから感じたのは、原因は十人十色であり一人ひとりアプローチ方法は違うということです。

そのため、カイロプラクティック心は多角的な視点で原因をとらえて、アプローチできるよう日々、技術や知識の向上に努めております。

坐骨神経痛を改善させて「仕事に集中したい」「こどもや孫と一緒になって楽しく遊びたい」「趣味を再開したい」など想いを叶えたい人は、ぜひご相談ください。

「坐骨神経痛を改善させて病院・治療院巡りをここで終わらせる」という強い想いで施術をさせていただきますので、一緒に頑張りましょう。

関連記事

  1. 坐骨神経痛

    これって坐骨神経痛?改善するためのチェックポイント

    脚が痛い、しびれるだけでは坐骨神経痛とは言えません坐骨神経痛は、脚…

  2. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛の原因

    坐骨神経痛の原因は色々です坐骨神経痛は症状であり、病名(原因)では…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 部位別の症例報告(改善例)

    足関節、下腿の痛みの改善例(症例報告)
  2. スポーツ障害

    足底腱膜炎の原因と改善方法
  3. スポーツ障害

    なかなか治らない野球肩(投球障害)の原因と改善方法
  4. カイロプラクティック(整体)

    健康保険の話
  5. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛の改善方法
PAGE TOP