産後のカイロプラクティック

身体を快適にして産後の育児を楽しみたい方へ

産後は、身体が辛くても育児を止めることができません。また、寝不足、慣れない育児、ワンオペ育児などでなかなか身体の調子が回復しにくい人も多いです。

こどもは、お母さんが元気なほうが嬉しいですよ。

産後の不調は「骨盤の歪みを骨盤矯正すれば良い」というのは間違いです。また、インナーマッスルを鍛えれば良いというワケでもありません。出産後は、ホルモンバランスの崩れ、睡眠不足や疲労による中枢神経の機能低下、姿勢の感覚異常など多様の原因で不調を招きます。それに加え難産、帝王切開など出産時のダメージも重なり、身体の不調を訴えるケースも少なくありません。

カイロプラクティック心は「骨盤矯正やエクササイズをすればOK」というような安易な考えで施術は行わず、しっかりと原因を考えアプローチしていきます。体調を整えて快適に育児を楽しみたい人は、ぜひ続きをお読みください。

伊勢市 産後骨盤矯正 不調

妊娠中から出産の立ち合い、育児の手伝いをした経験の話

個人的な話ですが、私の奥さんは里帰りしなかったため妊娠中は一緒に過ごしました。そして、出産の立ち合い、育児の手伝いをしてきました。そこで思ったのは、これだけ大変な妊娠生活、出産、育児をして骨盤矯正したらOKと思ってしまう人が多いのが不思議で仕方がありません。

 出産を経験されていれば、骨盤だけが歪むような生活ではないことをご理解できるのではないでしょうか?

妊娠中お腹が大きくなる生活は、足のむくみ、腰や背中、恥骨の痛みなど身体のあちこちに負担をかけます。 お腹を痛めて出産するときは、いきんだり痛みに耐えることで横隔膜や胸郭、顎関節に負担をかけます。 出産後は、腹圧の低下、寝不足や不規則な生活による神経機能の低下など骨盤以外のダメージも多いです。 

これらのことを考えられると、骨盤矯正だけで全てが解決しません。

産前産後の身体の変化

妊娠中は、ホルモンの影響により関節を安定させる役割のある靭帯が緩みます。この現象によって赤ちゃんが産道を通りやすくすると言われています。ただ、靭帯が緩むということは関節が不安定になるため、妊娠前にはなかった腰痛や股関節痛などを 引き起こしていると考えられます。ひどいケースだと恥骨に数ミリのズレが生じます。

無事出産を終えると6~8週(産褥期)かかけて、妊娠前の状態に戻ります。この期間は、関節も不安定であるため授乳の姿勢、抱っこなど身体に負荷をかけることで痛みが発生しやすいです。

10ヶ月前後で姿勢が変化することも不調の原因です。

姿勢が変化すると関節の位置も変化します。妊娠中は、大きなお腹を支えるために腰がだんだんと反っていき、骨盤(股関節)が前へ移動しています。この姿勢は腰が反るだけではなく股関節、膝関節、頸部の背骨など全身の関節の位置が変化しています。 関節の位置が変わると 筋肉の長さも変わり、緩んでいる靭帯も過剰に伸長される部分もあります。

出産後、お腹は凹みますが腰部は反ったままの状態であることが多いです。姿勢や関節の位置感覚に狂いが生じていると筋肉が上手く機能しない事態がおこります。関節の位置感覚が狂うと関節が正常に動きにくく、さらに筋肉が上手く働いていないと膝や腰、股関節など痛みを感じやすくなります。また、腹筋群の機能低下は、便秘や尿漏れの原因にもなります。

このようなことから、産後のケアとして大切なことは骨盤矯正ではなく産前産後でバランスを崩した姿勢(関節の位置感覚、筋肉の機能)を調整すると共に腹圧、内臓の機能向上を取り戻すことです。 

骨盤歪むVS歪まない

「脚の長さが〇センチ違うから骨盤が歪んでます」今でも言われるところが多いようですが、左右差あるほうが自然です。

ある研究では5~17歳までの1446人をレントゲン撮影したところ80%に0.16センチの差異がみられ、3.4%に1.3センチの差異が認められたそうです。別の研究では、小学生に75%、高校生に92%に測定可能な脚長差がみられたそうです。また、画像で脚長差を測定しない限り検査側の主観がはいるため、脚の長さの違いは発生します。

脚の長さの測定法につての文献⇒https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2628227/

これらのことから、「脚の長さの違い=骨盤の歪み」ではなく、気にする必要もありません。

骨盤(仙腸関節)は、大きく動いて2ミリ程度です。 これは、アメリカの研究者が、自分の骨盤にハリを刺して計測したそうです。 「鏡をみても腰の高さが違う」 「脚の長さが違う」 などを骨盤の歪みと思われる方もいますが 数ミリしか動かない骨盤だけの問題ではありません。

骨盤よりも下には股関節、膝関節、足関節もあり、 これらの捻じれが複合することで 一般の方でもわかるくらいの「歪み」になります。 ただ、数ミリの骨盤の歪みを調整することでも体調が回復するケースも少なくありません。

そのため、骨盤を調整することも大切ですが 数ミリの動きを触診するためには熟練度も必要であり 骨盤がどのように動くかを理解していなければ、症状を回復させるどころか悪化させてしまいます。

骨盤を形成する仙腸関節には痛みを感じる侵害受容器が多く存在するため、間違った骨盤矯正は痛みが強まります。 「骨盤が数センチずれています」 「足の長さが骨盤の歪みのせいでズレています」 このような発言は、考え自体が古く マニュアル的な骨盤矯正しかしていないと言えるので注意しましょう。

どうしても骨盤の歪みが気になる人へ

「骨盤が〇センチずれています」「一般の人が見てわかる骨盤の開き」などはありえません。 「骨盤矯正」は現在ビジネス化されており、どこの治療院でも取り入れていることが多いですが、正しい知識と技術をもった治療院は少ないため、「産後は骨盤矯正を受けないと!」意識は改めた方が良いでしょう。

骨盤の歪みを科学する

骨盤をつくる仙腸関節は、可動性のある関節ではあります。そのため、仙腸関節障害という病態もあり、下肢痛および臀部痛を有する腰痛患者の10~30%は仙腸関節障害をもっていると言われています。

「やっぱり歪むの?」と思われる人も多いですが、認識の違いです。

Kisslingらの研究では、前屈時(回転2.1~1.7°と並進0.9~0.7mm)後屈時(回転1.8°と並進0.5~0.9mm)片脚立位(回転1.7~2.2°と並進0.7~1.3mm)と報告されています。また、6°の回転と2mmの並進がみられる場合は、病理的学的仙腸関節運動が推定されると記されています。

わかりやすく言えば、2mm未満であれば歪みますが、それ以上の動きは病的で骨盤矯正でどうなるものではありません。

最新の3D-MRIを用いた研究では、仙腸関節の接地面と寛骨(仙骨を挟む左右の骨)に優位な非対称性がみられ、健常者と腰痛群と比較した場合、優位な相違はみられませんでした。(可動範囲は1.45°~4.19°内でした)

これらの研究でわかるとおり、骨盤の歪みは2mmの範囲内ではおこりますが、それ以上の歪みは外科的(手術)処置が必要と考えられ、通常の分娩が行われた場合はこの研究の数値内と言えます。「数センチずれてる」「脚の長さが違うから骨盤が歪んでます」はビジネストークとしか言えず、そのような治療院での施術はおススメできません。

インナーマッスルを鍛えると骨盤が歪まない?

産後にインナーマッスルが衰えることで「骨盤の歪み」「代謝が下がることで体重が落ちない」「腰痛になりやすい」と世間的に言われています。

そして、整骨院では「楽にインナーマッスルが鍛えられます」とEMS(Electrical Muscle Stimulation:高周波機器)を多く導入しています。EMSは、もともと医療用として開発され、スポーツ選手のリハビリ(ケガによる安静時でも筋肉が維持できるように)として活用されていました。

筋肉は鍛えられるため、見た目重視にこだわるのであれば問題ありません。しかし、身体を動かすということは脳と神経、筋肉を連動させる必要があります。EMSは脳と神経を無視しして筋肉を鍛えるため、日常の動作に使える筋肉が鍛えられたとは言えません。

このことから、EMSで鍛えた筋肉は一時的には使えたようになるかもしれませんが、日常での動作には活かしきれないため、それだけで姿勢が変わったり、腰を痛めにくくなったりすることはありません。また、EMSではなくエクササイズでインナーマッスルだけを鍛えることは難しく、前述した効果が得られるかは疑問です。

骨盤は今まで説明してきたようにあまり歪みません。代謝を上げたいのであれば、インナーマッスルのような小さい筋肉ではなくお尻や太ももなど大きな筋肉を鍛えた方が代謝は上がります。また、腰痛予防に関しては、一概に言えないです。

産後だからと言って、インナーマッスルを気にする必要はなく運動は身体に良いですし、ウォーキングで十分です。趣味ではなく競技スポーツに復帰するなら、アウターマッスルを鍛えれば自然にインナーマッスルも鍛えられます。

骨盤矯正を受けたいと考える人のよくある質問

産後のお悩みで骨盤矯正を受けたいという皆様からうける質問をまとめてみました。

Q.骨盤矯正の効果はありますか?

A.お悩みの原因が骨盤にあれば効果はあります

産後の骨盤だけに問題があるワケではないです。また、骨盤矯正をすれば何でも良くなるほど万能ではありません。ただ、仙腸関節障害は腰痛や脚の痺れをおこす原因でもあるため、仙腸関節の調整(骨盤矯正)で腰痛や脚のしびれが改善することは考えられます。

「産後のお悩みが何か」それに対しての原因を解決することが大切です。「産後は骨盤が歪むからとりあえず骨盤矯正しておけば良い」ということではありません。骨盤矯正を受けるときは、あなたのお悩みに対して骨盤以外の可能性も考え、アドバイスをもらえるところであれば、おそらく知識や技術のある施術者であり、効果的な骨盤矯正を受けることができます。

Q.産後の調整(骨盤矯正)はいつから受けれますか?

A.6~8週(産褥期)を目安に調整を始めます

元の状態に戻るとと言われている6~8週(産褥期)後の調整をおススメしています。どうしても身体が辛い場合は、6~8週後ではなくても施術させていただきますので、ご相談ください。

勘違いで多いのは、産後でなければ骨盤矯正(仙腸関節調整)が手遅れと思われていることです。仙腸関節障害による腰痛は、産後に関わらず男性にも多いため、仙腸関節の調整に手遅れ(症状が重い場合は早く調整してほしいですが)はありません。

Q.骨盤矯正でダイエットになりますか?

A.ダイエットにはなりません

そもそも産後は、授乳をされていれば身体は痩せやすくなっているため、元の体重に戻る人の方が多いです。「体重が減る」という意味では、骨盤矯正したからといって痩せることはありません。ただ、骨盤矯正ではなく全身の問題を解決する施術によって、身体が動かしやすくなれば活動量が増えて痩せることは考えられます。

ダイエット論は色々ありますが、基本的にはカロリーの収支であり、摂取カロリーよりも活動量が多ければ痩せます。この基本を押さえていない人が多くただ食べないだけ、食事を気にせず運動するだけではダイエットになりません。

Q.骨盤矯正のエクササイズ、ストレッチはありますか?

A.骨盤周りの筋肉に対するエクササイズ、ストレッチはあります

骨盤に付着する腹筋群、太ももの筋肉、お尻の筋肉などのエクササイズ、ストレッチはあります。産後は腹筋群の機能が低下するため、施術で腹筋の機能を回復させて、呼吸で腹圧を高めるエクササイズをカイロプラクティック心では指導させていただくことがあります。

骨盤矯正というと違和感がありますが、骨盤周りの筋肉のバランスを整えることは大切です。また、骨盤周りの筋肉は身体の中でも大きく、しっかり行うと代謝が高まりダイエットしたい人にはおススメです。

現状は「産後の骨盤矯正」が一人歩きしている状態です。また、骨盤を形成する仙腸関節は僅かな動きで調整することが不可能とするセラピスト、医師がたくさんいます。カイロプラクティック心は、仙腸関節の調整は行いますし、それによって腰痛、足の痺れなどを始め他の症状でも回復することができています。ただ、産後に骨盤矯正が必要とは限りませんし、それよりも優先すべきこともあり、産後の人すべてに骨盤矯正だけすることはありません。

 

産後ケアって何するの?

妊娠中は、姿勢も変わるだけではなく動きも制限されます(とくに股関節、骨盤、体幹部) 結果として、各関節の運動パターンに異常がみられるようになると出産前後に膝や腰が痛くなったりします。

陣痛や分娩中は、痛みに耐えたり、いきんで歯を食い縛ったりすることで横隔膜や顎へのダメージ(とくにかみ合わせが悪い人)がみられます。また、 帝王切開された場合は、手術痕の手入れ及び腹筋の機能改善が必要です。

出産後の安静は必要ですが、その間は身体の機能が衰退します。 「NASA式健康法」という著書の中にはこう書いてあります。

2日間寝続けるだけでも 宇宙の無重力状態と同じような身体へのダメージがある

 宇宙飛行士が帰還したとき、立てない映像を見たことあると思いますが、無重力の中から重力のある空間に戻るためには、神経系、心肺機能系などのリハビリを数ヶ月かけて行われます。

このように妊娠、出産は骨盤だけではなく神経系、関節などのダメージも考えられます。育児や家事がリハビリとなり、自然に回復することは可能です。 しかし、産後から今までにない不調がみられる場合は 「関節の運動パターン異常」「 横隔膜」「 骨盤底筋」「 顎」「 腹筋群の機能回復」「 神経系の機能回復」 などをチェックし必要に応じたアプローチが必要と、カイロプラクティック心は考えています。

おススメの産後ケア

呼吸(瞑想)

慣れない育児、こどもが思うとおり動いてくれない、旦那さんが育児を手伝ってくれないなどイライラすることも多いかと思います。緊張状態(ストレスが溜まる)が続くと呼吸も浅くなり、息を吐く量が減ります。そうなると交感神経が優位になり、余計に疲労が溜まりやすくなります。

まずは、息をはくことを意識しましょう。呼吸は、身体の負担も少なく調子を整えてくれます。 ヨガをされていた方は、ヨガの呼吸法を思い出して行ってください。 

カイロプラクティック心の産後ケア

カイロプラクティック心は「体型を戻したい」という方ではなく、痛みやしびれなどから解放されて育児を楽しみたい人をサポートさせていただきます。また、気になる症状はないけど、これから身体を痛めないために施術して欲しいという方もぜひ、ぜひお越しください。

骨盤だけではなく、全体の姿勢をチェックします。 症状に合わせて 筋肉や内臓などの状態をチェックしていきます。 産後は、関節が不安定な状態のため、ソフトな施術を中心に行います。 カイロプラクティック心は、産後ケアとして関節、筋肉、内臓、神経など全身の機能を高める施術を提供させていただきます。

最愛のこどもと楽しく快適に過ごしたいあなたへ

元気のないお母さんより、元気のあるお母さんのほうがこどもは大好きです。身体の調子が悪いけどカイロプラクティックを受けようか迷っている人は、カイロプラクティック心に時間をください。

どんな症状でも1回の施術でスカッといくような魔法は使えませんが、数か月先、数年先も快適に過ごす土台作りとアドバイスは、自信をもって提供させていただきます。ぜひ、元気になって子どもとの時間を快適に過ごしてください。

カイロプラクティック心は、しっかりとサポートさせていただきます。

予約について

カイロプラクティック心は完全予約制です。

カイロプラクティック心は1人で運営しているため、施術中に飛び込みでご来店いただいても対応できません。そのため、必ずご予約をとってからご来店ください。完全予約制にすることで無駄な待ち時間もなくなるため、時間も有効に活用していただけます。

〇予約方法

0120-638-124にお電話ください。

「カイロプラクティック心です」と電話にでますので

「ホームページをみて予約をとりたいです」とおっしゃってください。

あとは

希望の日時・時間を伺い、空いている時間の予約枠をご案内させていただきます。

※当日予約も可能ですが、施術中は電話にでることができないため、営業時間前(8時30分~45分)昼休み(12時30分~13時30分)にお電話ください。

 

メールアドレスのない方は、LINEでのご予約、お問い合わせが便利です

友だち追加
予約枠の重複を防ぐため、LINEからのご予約は2日後以降とさせていただきます。当日、翌日の御予約はお電話ください。

 

LINEからのお問い合わせ、ご予約

   友だち追加

人気整体(カイロプラクティック)のおすすめの選び方

カイロプラクティック心Googleストリートビュー

   カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約電話先:0120-638-124

住所:三重県伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 部位別の症例報告(改善例)

    肩の痛み改善例(症例報告)
  2. カイロプラクティック(整体)

    カイロプラクティックと整体の違い
  3. 部位別の症例報告(改善例)

    カイロプラクティック施術による膝痛改善例(症例報告)
  4. 腰痛・脚の痛みしびれ

    すべり症でしてはいけない運動?原因と解決方法
  5. 部位別の症例報告(改善例)

    下肢のしびれ痛み(坐骨神経痛)改善例
PAGE TOP