猫背(姿勢改善)

猫背矯正(姿勢矯正)の常識は間違いだらけ?姿勢についての本当の話伊勢市 整体 姿勢改善

1~3の中でどれが、構造的にみて正しい姿勢かわかりますか?

3と答える人が圧倒的に多く、なぜか日本人は「背筋を伸ばした姿勢=良い姿勢」と勘違いしています。また、姿勢について何も知らずに、こどもだけに「背筋を伸ばしなさい」と無責任な発言をしてしまいがちです。そのような発言をされる人は、背筋を伸ばした姿勢を1日維持できますか?仮にできたとしても「ただの自己満足でしかありません」

この写真では1が最も良い姿勢です。

姿勢は大切ですが、背筋を伸ばせば良いということは一切ありません。そして、真正の猫背という人はほとんどみることはなく、平背のほうが圧倒的に多いです。また、姿勢は背骨や筋肉など筋骨格系の問題を解消すれば良いワケでもなく、脳のコントロールが関わります。本当の姿勢の話を知りたい人は、続きをお読みください。

緊張した姿勢が良いと言えますか?

出典:月刊スポーツメディスン「呼吸・重心・姿勢とスポーツ障害」

この写真をみると良い姿勢は、左端もしくは右端と答える人が多いですが(赤丸で囲われている姿勢)これも間違いです。月刊スポーツメディスンの「呼吸・重心・姿勢とスポーツ障害」の特集記事で医師・理学療法士・スポーツトレーナーが座談会を開き、姿勢の誤解についても話が挙がっていました。

姿勢についての誤解

  • 胸を張った姿勢が良い姿勢
  • 背筋を伸ばす
  • 膝を伸ばす
  • アゴを引く
  • 体幹に力を入れる
  • 母指荷重、足指で踏ん張る
  • 「猫背が悪い」と感じている

これらは一般的な人が「好い姿勢」と感じる姿勢ですが、全て誤解です。まず、このような姿勢では、身体中に力が入り長時間に維持はできません。長時間できず、疲れてしまう姿勢を良い姿勢と言ってよいでしょうか。また、それをこどもに押し付ける姿勢教育が正しいとは思えません。

スポーツでも「リラックスしろ」と言いながら、「胸を張れ」「背筋を伸ばせ」という姿勢をとらせれば、リラックスはできないです。身体が緊張してしまえば、身体の動きはぎこちなく、呼吸も浅くなり身体は疲れやすくなります。これでも、あなたは緊張した姿勢をとろうとしますか。

実際、「良い姿勢」という定義はありません。体格や身体の状態などによって姿勢は微妙に違って当然です。それを肩こりや腰痛などを「姿勢のが悪いから」「猫背を治しましょう」など言う整体、カイロプラクティックが多いです。しかし、身体の反応としては肩こり、腰痛があるからこそ「脳から痛やコリの少ない姿勢をとりなさい」という指示により、背中を丸くします。このような人を実際見てみると、猫背ではなく反対の平背です。

カイロプラクティック心が考える良い姿勢は、自然体で楽な姿勢です。

楽な姿勢は、疲れにくいです。疲れなければ、仕事も長時間集中できスポーツでのパフォーマンスも発揮しやすいです。そして、人は動物です。同じ姿勢をとっていても呼吸や最低限の筋活動が行われます。そのため、構造的にみれば、呼吸がしやすく筋バランスが整っている状態であるとも言えます。

構造的にみる良い姿勢は?

人の背骨は、生理的湾曲があるということはどこの解剖書、生理学書を含めた医学書には必ず書いてあります。

そして、猫背は「胸椎1番(T1)の底辺に沿った直線と、胸椎12番(T12)の上辺に沿った直線の交わる角度」によって定義され、この角度が56度〜69度(理想は63度)が正常値となり、70度以上とされています。

出典:基礎運動学第6版

肩甲骨と鎖骨は関節をつくり、図のように60度が正常とされています。肩が前に出過ぎていると「巻き肩」と言われますが、解剖学的にみればある程度は、肩が前方に位置するのは正常です。猫背解消の体操として、ストレットポールや肩甲骨同士をくっつけるような指導をされることもあるようですが、この正常な構造を損なう可能性が高いです。

構造的(解剖学的)な姿勢は、背中の丸みがあり、肩も少し前方に位置しています。

伊勢市 整体

全体的には、耳、肩峰(肩中央)、大転子、膝蓋骨後面、外果(くるぶし)前部を一直線上(重心線)で結べると最小限の力で立つことができます。重心線から外れると重力が身体の関節にトルク(回転させる力)が発生するため、それに対抗する筋肉や関節包、靭帯に負担がかかります。

背筋を伸ばすだけでは重心線から外れていることが多く(とくに前のめりになりやすいです)各関節への負担が大きく疲れやすくなります。

平背(背中が平ら)でも猫背に見える?

猫背や姿勢を気にされる人のほとんどが、下の図のような頭部の前方移動です。そのため、定義上は猫背ではありません。

出典:図解姿勢検査学

猫背を気にして背筋を伸ばした姿勢は、息を吸いきった骨格の状態になります。そのため、本来は呼吸をするときに補助として働く筋肉を過剰に働かせて息を吸うようになります。その働く筋肉が胸鎖乳突筋、斜角筋群であるため、頭部移動の姿勢が自然な姿勢になってしまいます。また、息を吐ききれなくなるため、呼吸が浅くなり吐くときに使う腹筋群も弱まり、全体的な姿勢も崩れてしまいます。

このことから、猫背を治そうと背筋を伸ばしたり、肩甲骨を寄せる体操などをすれば、筋骨格系からみた姿勢は悪くなる一方です。ただ、一般的に浸透してしまった背筋を伸ばす姿勢となり、余計に状態を反らしているにも関わらず良い姿勢と勘違いしてしまいます。この構造的なことを理解すれば、一番初めに挙げた写真も上体が反って頭部が前方に移動(肩の中心よりも頭部が前方移動)していることがわかります。

姿勢反射から考える姿勢

無意識でも立てるのは、姿勢反射があるからです。お酒を飲んで酩酊状態(ひどく酒に酔った状態)になると真直ぐ歩けなかったり、人に抱えられないと立てなかったりするのは、姿勢反射を統合する小脳の機能が低下するためです。

とくに猫背になってしまう姿勢反射は、緊張性迷路反射です。

緊張性迷路反射は、頭部の位置に関与し頭部が前方にあると脳が認識すれば、背中の緊張を緩め手足を曲げる反射です。そのため、前方緊張性迷路反射が強く現れていると姿勢は猫背となります。(他には高所恐怖症、身体のバランスが悪いなども特徴として現れます)

この反射の影響をとくに受けるのは、成長段階の子供です。

緊張性迷路反射が強く現れているにも関わらず「背筋を伸ばしなさい」と言われても苦痛でしかありません。成長して脳が成熟していくことで変化はみられるかもしれませんが、根本的な解決は前方緊張性迷路反射をコントロールできるようになることです。

こどもの姿勢が気になるからと言って、安易に猫背矯正、姿勢矯正などで筋トレ、ストレッチ、背骨の調整をしても変化がないか、一時的に変わるだけで子供にとっては不快でしかありません。

進化の過程から考える姿勢

4つ足歩行から2足歩行に進化する過程では、背中を反らした猿と背中を丸めた猿の2種類の部族があったそうです。そして、生き残ったのは背中を丸めた猿だそうです。背中を反ると交感神経が優位になるため、背中を反らした猿は好戦的であったとされています。反対に背中を丸めた猿は副交感神経が優位となり、助け合ってい生き残ったと言われています。

交感神経、副交感神経は自律神経であり、副交感神経が少し優位なくらいがバランスが良いとされています。

自律神経のバランスを考えても背筋を伸ばし過ぎないほうが、姿勢は良いと考えられます。

猫背の原因は骨盤でも背骨の歪みでもないため猫背矯正は無意味?

猫背や姿勢の悪さは「骨盤の歪み」「背骨の歪み」とし、整体やカイロプラクティックで猫背矯正、姿勢矯正などのコースを受ける人も多いです。しかし、前述したようにそれだけで猫背や姿勢の悪さにはつながりません。まして、猫背の定義すらわかっていない医療従事者も多く、骨盤の歪みや背骨の歪だけを解消しても長期的にみて改善がみられないことがほとんどです。

姿勢は脳(中枢神経)でコントロールされている

姿勢は、脊髄、脳幹、小脳、基底核、大脳皮質を含む脳(中枢神経)の神経システムによって制御されています。

脊髄や脳幹は先に書いた反射が関わる部分です。それを統合する小脳は大脳皮質や基底核とも連携して姿勢を制御すると共に四肢の細やかな運動に関与します。大脳基底核は色々な脳の領域(感情、意思のある運動、眼球運動、意思決定など)と関わるため、ストレス、感情面の波(落ち込み、嬉しいなど)によって姿勢が変化するのは大脳基底核の影響があると考えられます。

姿勢の悪さは、生活習慣とも関わりがあります。これを脳の影響から考えると仕事などで良く行う動作や姿勢があれば、脳がそれに適した筋緊張、反復する運動の神経システム活性化などによって身体が修正され、結果として無意識でその動作が行えたり、習慣的に行う動作がスムーズになります。

このようなメカニズムにより、日々の生活がスムーズに行えます。

日々の習慣やその姿勢の崩れが痛みに影響しているかなどをみる上で、姿勢は身体の状態を把握するのに大切なポイントになります。ただ、姿勢だけではわからないことも多く、個人差もあり詳しく身体の状態を評価する必要があります。そのため、ただ単純に姿勢が悪い、猫背というだけで骨盤の歪みや背骨の歪みのせいにすることはできません。

呼吸と姿勢の関係性

背筋を伸ばし過ぎた姿勢は、身体に過度な緊張状態をつくります。そうなると交感神経が優位となり、息を吸うことに偏重してしまいます。息を吸うと酸素が供給されているイメージもあるかと思いますが、実際は体内の二酸化炭素不足すると、細胞まで効率よく酸素を運ぶことができません。脳は酸素の供給が不可欠でさらに交感神経を優位にさせて、呼吸を多くして酸素を取り込もうとする悪循環に陥ります。

身体にとって良い姿勢に改善するために必要なのは、猫背矯正や姿勢矯正、筋トレ、ストレッチではなく身体の緊張状態を緩め、身体に酸素供給が十分にできる呼吸を身につけることも大切です。そのため、呼吸法の指導や「楽に呼吸をしてください」と指導するだけでも姿勢の傾きが改善することも少なくありません。

ただ、長期的な姿勢の問題がある場合は、身体の構造も息を吸うことに偏重した状態になっていることが多いです。頭部が前方へ移動することによる舌骨筋、呼吸を吸い過ぎて拡張し過ぎた胸郭(横隔膜)身体の土台となる足底アーチの機能低下などの問題を解消したほうが呼吸しやすくなります。

固有受容器の活性化で姿勢改善

体中には、センサーの役割を果たす固有受容器がたくさんあり、感知した身体の情報を脳に送り姿勢をコントロールする機能があります。この機能があるおかげで凸凹の道や坂道、転倒しそうなときでも立つことができます。もう少し具体的に説明すると身体が前に傾いた場合、フクラハギが伸ばされたとします。そのとき、フクラハギの筋肉の伸び縮みを感知する筋紡錘が働き、脳にその情報を伝えフクラハギの筋肉を収縮させ脳が筋バランスを適切にコントロールしてバランスを保ちます。

固有受容器は、適切なエクササイズ、ストレッチ、施術による刺激などにより活性化させることができます。また、振動マシーンに乗ると不安定な場所でバランスをとれるよう固有受容器が働くため、バランス機能改善に伴う姿勢改善が期待できるという研究報告があります。

猫背(姿勢)改善は、呼吸やバランスエクササイズ、振動マシーンでも十分に期待できます。

カイロプラクティック心の姿勢改善(猫背改善)

カイロプラクティック心は、ただ背骨を調整したり、筋肉のバランスを調整することは致しません。姿勢分析をはじめ、機能神経学、原始反射、NKTなど神経系の評価を行い、姿勢の悪さ、猫背がどのような影響をうけているかをしっかりと把握していきます。そして、先に書いてきたように緊張性迷路反射、中枢神経系のエラー、筋紡錘の問題などを考えて施術を行います。

身体の構造的に問題があれば、足底、横隔膜、舌骨筋など含めアプローチしていきます。反射や中枢神経系のエラーがみつかれば、施術だけではなく神経系が活性化するホームケアを指導させていただきます。

猫背が気になる、こどもの姿勢が気になる人へ

ここまで書いてきた記事の内容は、医学書、研究論文を探せば全て記載されている事実です。決して、カイロプラクティック心が独自に考え出した理論を述べているワケではありません。

一般的に言われている良い姿勢を長時間できますか?辛い姿勢を続けたところで疲れやすく、集中力も続きません。スポーツでも身体をガチガチに緊張させた姿勢は身体を壊し、パフォーマンスが低下します。姿勢は大切ですが、今までの常識は身体にって良い姿勢とは言えません。未だに信じられないと感じる人もいるかもしれませんが、少なくともこどもに自分の常識を押し付けるのはやめてください。

医学は常に進化し、今日の常識が明日には非常識になることがあります。しかし、現時点での姿勢に関する常識は、今まで書いたものが正しいと自信をもって言わさせていただきます。

「姿勢改善してもらったけど身体が辛い」「なかなか姿勢が良くならない」「姿勢を意識しているけど姿勢が変わらない」などのお悩みがある人は、今までの常識に囚われているだけかもしれません。諦めずに姿勢を改善したい人は、ぜひカイロプラクティック心にご相談ください。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

   友だち追加

人気整体(カイロプラクティック)のおすすめの選び方

カイロプラクティック心Googleストリートビュー

   カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約電話先:0120-638-124

住所:三重県伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

代表ブログ(お暇なときにお読みください)

  1. 変形性膝関節症

    変形性膝関節症の痛みを改善するカイロプラクティック
  2. 椎間板ヘルニア

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰椎椎間板ヘルニアは手術不要?本当の原因と対処方法
  3. パニック障害

    パニック障害とは?どうやって診断される?
  4. スポーツ障害

    治らないオスグッドの原因と解決方法
  5. 部位別の症例報告(改善例)

    下肢のしびれ痛み(坐骨神経痛)改善例
PAGE TOP