こどもの頭痛改善

頭痛

こどもの頭痛は慢性化を防ごう/薬に頼らない対処法

こどもにも大人と同じように、頭痛の症状がみられることがあります。

もちろん第一選択として病院で診察、治療を行ってください。

カイロプラクティックは、薬を服用しない頭痛解消に有効な方法の1つです。

こどもの頃から薬を頻回に服用させることに抵抗がある、薬を飲んでも頭痛が月に何回も続いたりする、薬以外でも良くなる方法があるなら知りたいという方は、ぜひご相談ください。

ここでは子供の頭痛についての原因、病院での対処法、カイロプラクティックの改善方法などを詳しく解説していきます。

こどもの頭痛について

頭痛を大きく分けると1次性頭痛と2次性頭痛があります。

1次性頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛など頭痛自体が疾患となり、2次性頭痛は頭部外傷、脳疾患など他の疾患が原因となり、頭痛の症状が現れます。

2次性頭痛で多くみられるのはウイルス性疾患(風邪、インフルエンザなど)副鼻腔炎、頭部外傷です。また、重篤な疾患(脳腫瘍、髄膜炎、血管障害など)による頭痛は稀です。

※二次性頭痛は、カイロプラクティック適応外です。

こどもで多くみられる1次性の頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛と言われています。

小児の一次性頭痛の代表的なものは片頭痛と緊張型頭痛である。小児の片頭痛の有病率は、世界各国の人口統計基盤の調査で3.8~13.5%学校(学生数)基盤の調査で1.7~21.3%緊張型頭痛はそれぞれ17.4%、0.7%~27.6%である。日本人小児では片頭痛の有病率は中学生で4.8%(男3.3%女6.5%)高校生で15.6%(男13.7%女17.5%)緊張型頭痛の有病率は高校生で26.7%(男23.0%女30.6%)というデーターがある。

出典:慢性頭痛診療ガイドライン2013

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、「締めつけられる」「押さえつけられる」というような表現がされます。大人の頭痛も緊張型頭痛が多く、日常生活に支障がでることは少ないです。

片頭痛

こめかみ付近のズキズキとした痛みが特徴的で、前兆がみられるケースもあります。前兆には大人と同じようにチカチカした光が見えたり、脱力感があらわれたり色々な症状がみられます。

こどもと大人とでは症状の現れ方が少し違いがみられ、大人と同じ片頭痛パターンがみられるのは、思春期の終わりもしくは成人の初めに現れます。また、本来は片側に症状が現れますが、こどもは両側(とくにこめかみ、おでこ)の頭痛が多いです。

また、片頭痛と関連していると言われる頭痛以外の症状が現れることもあります。

  • 腹部片頭痛
  • 良性発作性めまい
  • 良性発作性斜頸
  • 周期性嘔吐症候群

これらの症状は頭痛を伴いませんが、片頭痛に関連していることが示唆されています。

慢性連日性頭痛

まれに頭痛を継続する慢性連日性頭痛(CDH)の症状を訴えることがあります。

12~17歳の小児CDHの有病率は3.5%、頭痛のサブタイプは慢性片頭痛(CM)20.9%、慢性緊張型頭痛(CTTH)は2.8%であった、76.3%はCM、CTTHと診断できなかったが、このうち27.5%は薬物乱用頭痛の診断基準を満たした。

出典:慢性頭痛診療ガイドライン2013

精神疾患(不安障害、気分障害など)睡眠障害、ストレスなどと共存していることもあり、治療が困難なケースがあります。

診断

大人と同じように症状の現れ方を問診して、診断されます。

小さいお子さんの場合は、問診に応えられないため親御さんが心配してCT、MRIなどの画像診断を希望されるケースもあるようですが、大人しく検査ができない、放射線被ばくのリスクなどで安易に画像診断は行われません。

仮に重篤な疾患が考えらえるケースは症状や所見である程度は鑑別できるため、画像診断が必要であれば医師から提案されるはずです。

一般的な病院治療

頭痛の第一選択治療としてはイブプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)、アセトアミノフェン(カロナール、コカールなど)が小児での安全性が確認されており、処方されることが多く鎮痛効果があります。

アセトアミノフェンが配合されている代表的な市販薬は、こども用バファリンです。

発症が多くなったり、上記の薬が効果を示さないケースでは、予防治療(発症を予防する目的)として抗精神薬、抗てんかん薬などが使用されることもあります。

このような精神疾患でも使用される薬が服用される理由として、頭痛の原因の1つにストレスが挙げられていることが考えられます。

頭痛の原因

頭痛の原因は大人と同様のことが考えられます。

〇緊張型頭痛の主な原因

  • 筋肉の問題
  • 顎の機能異常
  • 姿勢
  • 脳の機能異常
  • 自律神経の乱れ(生活習慣の乱れ)

〇片頭痛の主な原因

  • セロトニン不足
  • 血流の問題
  • 脳の機能異常
  • ストレス
  • 寝不足もしくは睡眠過多
  • 食事(チョコレート、チーズ、スナック類など)

こどもの頭痛ケア

頭痛症状は薬の処方が有効です。しかし、薬を服用しすぎて頭痛を引き起こす薬物乱用頭痛もあるため、薬だけに頼りすぎることも頭痛を引き起こすキッカケになります。

生活に支障が現れる前に薬以外の対処法も考えておくことも大切ではないでしょうか。

生活習慣の見直し

頭痛の原因に寝不足、寝すぎ、自律神経の乱れがあります。そのため、生活習慣を見直すことが頭痛軽減につながることがあります。

最近では習い事、スマホの見すぎなどで夜遅くに寝て、朝早く起きて学校へ行く習慣も少なくありません。また、その影響で週末に寝だめするように長時間寝てしまうこどももいます。

10代の理想の睡眠時間は9時間です。(米国疾患予防管理センターでは小学生10時間以上、中学生9~10時間を勧めています)

平日の睡眠時間の短さから週末に長時間寝てしまう「反跳睡眠」が長くなると頭痛や腹痛を訴えることが多いとされています。

睡眠時間を確保し、同じ時間に規則正しく起床することは自律神経を整える意味でも良いです。

このようなことから睡眠時間を確保し、規則正しい生活ができる環境を作ってあげることが大切です。

ストレスを避ける

こどもであってもストレスが頭痛の誘因となることがあります。そのため、頭痛では心理療法が取り入れられることもあります。

慢性連日性頭痛では、休みの期間(夏休み、冬休み)は調子が良く、学校に行きだすことで悪化するケースもあります(ストレスやリラックスする時間が減ることなどが原因として考えられています)

頭痛を引き起こす前の行動を観察して、ストレスを避ける工夫が必要になります。

食事

一般的にチョコレート、カフェイン飲料(コーヒー、緑茶)、スナック類などが挙げられています。しかし、体質によっては他の食品が頭痛を誘因していることもあります。

そのため、食事内容を記録し、頭痛がみられた数時間前に摂った食事および前日の食事を見直し、頭痛と食品がリンクしているものがあれば、その食品は控えるようにしましょう。

こどもの頭痛のアプローチ方法

カイロプラクティック心は、身体評価を重視し、機能神経学、NKTなど神経機能も評価していくことで中枢神経系の問題にも対応していきます。

こどもの頭痛においては顎関節障害(歯の治療が多い、かみ合わせが悪い)呼吸の問題による循環不良(口呼吸が多い)などの原因も考えられます。

このように多角的な視点で身体の問題点を改善し、頭痛改善をサポートしていきます。

施術

中枢神経系の問題⇒関節運動学的テクニック、カイロプラクティックアジャストメント、眼球運動、バランスエクササイズなど

顎関節障害⇒頸椎調整、顎関節調整

呼吸を含めた循環系の問題⇒頭蓋仙骨療法、胸郭調整など

ホームケア指導⇒栄養、簡単なエクササイズ

カイロプラクティック心は施術歴10年の施術者が責任をもって一人で担当させていただきます。また、安心して施術を受けていただけるよう現在も文献を読んだり、セミナー、勉強会にも出向いて知識と技術向上に努めております。

こどもの健やかな成長をサポートさせていただきます

頭痛も生活に支障がなく年に数回程度であれば、薬やセルフケアを試していただくだけで十分です。ただ、薬の服用のし過ぎは、頭痛の原因にもなるため、頭痛の頻度が増えてきたときはご注意ください。

カイロプラクティック心は、小さいこどもでも安心して受けていただけるよう、ソフトな施術で対応させていただきます。また、頭痛だけではなくスポーツ障害で悩むこどもも多数通っていただいております。

「頭痛の薬を減らしたい」「薬以外に良い方法があるなら教えてほしい」「家でできることがあったら教えてほしい」という人は、ぜひカイロプラクティック心にご相談ください。

学校生活、スポーツに勉強などに集中できるようサポートさせていただきます。

参考文献

国際頭痛分類第3版

慢性頭痛診療ガイドライン2013

群発性頭痛改善頭痛が続く?【群発頭痛】習慣を見直し脳のバランスを整えよう前のページ

自閉症スペクトラム障害のこどもを理解ために(症状・診断方法など)次のページ自閉症スペクトラム障害とは

関連記事

  1. レッドフラグの頭痛

    頭痛

    頭痛と吐き気は危険なサイン?レッドフラグの頭痛

    吐き気を伴う頭痛は、片頭痛の症状でもみられますが、なかにはレッドフラグ…

  2. 群発性頭痛改善

    頭痛

    頭痛が続く?【群発頭痛】習慣を見直し脳のバランスを整えよう

    群発頭痛は、片側の目からこめかみ付近に激しい痛みを訴えます。また、頭痛…

  3. 緊張型頭痛改善方法

    頭痛

    緊張型頭痛はカイロプラクティックが有効

    緊張型頭痛は、主に後頭部を中心に頭全体(おでこや目の周り)の鈍痛がみら…

  4. 頭痛

    肩こり 首こり 頭痛はカイロプラクティック【整体】が有効

    肩こり首こり頭痛に悩まされる人は多いです。そして、病院で診てもらっ…

  5. 片頭痛改善方法

    頭痛

    片頭痛を解消したいあなたへ

    一般的に片頭痛は、こめかみから目にかけて拍動性(心拍に同期した痛み)の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

  1. 体幹トレーニング
  2. 骨化性筋炎から早く競技復帰したい人へ
  3. 鍼灸
  4. ゴールデンエイジ

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 腰痛の原因がガンなど病院治療が必要なケース

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰痛はがん(腫瘍)が原因?病院治療が必須の腰痛を解説
  2. 群発性頭痛改善

    頭痛

    頭痛が続く?【群発頭痛】習慣を見直し脳のバランスを整えよう
  3. 腰部脊柱管狭窄症 改善

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰部脊柱管狭窄症と診断されたあなたへ/症状の原因と改善方法
  4. パニック障害の原因

    パニック障害

    パニック障害・不安障害の原因/自分で出来ること
  5. 原始反射と発達障害の関係

    発達障害

    原始反射は大人(乳児以降)でもみられる?/発達障害との関係性
PAGE TOP