変形性股関節症

変形性股関節症は中年以降に多くみられ、加齢とともに進行していきます。
酷くなると人工関節の変える手術が適応されますが、人工関節の寿命が約20年と言われており、60歳以上の手術が適応とされています。
関節の変形は60歳までには80%の人にみられ、そのうち変形性股関節症が発症するのは3~5%程度とされています。
このことから「変形=痛み」というワケでもありません。
また、股関節を痛める原因は変形だけではないため、変形以外の股関節の問題を改善しつつ現状より悪化させないことが手術を回避したり、手術を受けれる60歳以上になるまで生活支障をきたさずに済んだりするためには大切ではないでしょうか。
ここでは伊勢市にあるカイロプラクティック心が変形性股関節症について詳しく解説しています。

  1. いつまでも自分の脚で歩きたい変形性股関節症の人へ

    変形性股関節症は、関節の変形が進行すれば手術が適応になる病気です。最近では、技術の進歩により人工関節の耐用年数も増え、手術後の生活の質も向上しています。ただ…

  2. 変形性股関節症の痛みの原因は?

    変形性股関節症であっても股関節を痛める原因は人それぞれ変形性股関節症は、関節軟骨がすり減り徐々に骨が変形してしまう病気です。ただ、関節軟骨には痛みを感じ…

  3. 変形性股関節症は手術?(後悔しないための基礎知識)

    変形性股関節症は、中年以降(初診は50代が最も多く次いで60代)にみられる疾患です。手術適応の疾患でもあり、人工関節と交換する手術が効果的とされています。し…

  1. 発達障害

    発達障害に食事療法は効果ある??
  2. パフォーマンスアップ

    睡眠の質を上げてしっかりと身体を回復させよう
  3. 変形性股関節症

    いつまでも自分の脚で歩きたい変形性股関節症の人へ
  4. カイロプラクティック(整体)

    マッサージとカイロプラクティックの違い
  5. スポーツ障害

    野球肘【予防から改善までサポート】
PAGE TOP