1. 筋肉をつけると身長が伸びない?成長期のトレーニングについて

    パフォーマンスアップ

    筋肉をつけると身長が伸びない?【成長期のトレーニング方法について】

    「成長期に筋肉をつけすぎると背が伸びない」と聞くこともありますが本当でしょうか?全国レベルのチームでは、筋力トレーニングを取り入れているところもあり、最近では体幹トレーニングを実施しているところも少なくありません。ただ、スポーツの強豪チームほどケガする選手が多いのも事実であり、どのようなトレーニングが適切なのか悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは成長期のトレー…

  2. 神経可塑性

    脳機能

    脳の神経可塑性

    脳の神経系は、可塑性と呼ばれる変化がみられることが科学的に証明されています。引用元:株式・社タイムラプ結合すr映像のように隣接する神経細胞同…

  3. 栄養と症状

    栄養

    栄養と症状(とくに不定愁訴)の関係性

    体は食べ物でできている体をつくる細胞は、栄養素を組み合わせて作られます。そして、体の生理機能を保つ(神経伝達、エネルギーの生産など)うえでも栄養が重要な…

  4. カイロプラクティック心情報

    新型コロナウイルス対策

    カイロプラクティック心のコロナウイルス対策は行政の適切な感染予防対策に沿って行っています。三重県庁が発表している感染症対策は以下のとおりです。引…

  5. パニック障害の原因

    パニック障害

    パニック障害・不安障害の原因/自分で出来ること

    パニック障害は気のせいではなく脳の機能異常パニック障害の発作は、1時間以内に治まるため病院で診てもらう頃には異常が見当たらず「気のせい」と告げられることもあ…

  6. 腸脳相関

    発達障害

    腸と脳の関係性【腸脳相関】

    最近の研究によって、脳と腸が互いに影響を及ぼす関係性(腸脳相関)であることがわかってきました。このようなことから「うつ、不安症、パーキンソン病、発達障害など…

  7. 脳震盪 後遺症

    スポーツ障害

    脳震盪 後遺症【脳震盪後症候群】

    脳震盪は、頭部の打撲によって生じる一時的な脳機能障害です。コンタクトスポーツ(アメリカンフットボール、格闘技、サッカーなど)で多くみられるイメージですが、日…

  8. 栄養検査始めました

    カイロプラクティック心情報

    栄養検査キット【Vita Note】

    栄養は、体の組織をつくるためにとても重要です。栄養の過不足によつて、様々な症状を引き起こすことも少なくありません。カイロプラクティック心では、栄養検査キ…

  9. 言葉の遅れとスクリーンタイム

    脳機能

    言葉の遅れとスクリーンタイム(スマホ/テレビなど)

    最近では、スマホやタブレットの普及に伴い、乳幼児期からメディアを見せることが多くなっているようです。しかし、乳幼児期は脳を発育させるために重要な時期でもあり…

  10. 発達障害感情のコントロールできない大脳基底核から考える

    脳機能

    感情のコントロールができない 発達障害【大脳基底核から考える】

    自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害のこどもは、感情のコントロールが難しい(突然泣いたり怒ったりする、友達とのトラブル…

LINE友だち追加

カイロプラクティック心営業日

こども発達障害専門カイロプラクティックLINE友達追加

初めての方はクリックしてください

セルフケア塾

人気整体・カイロプラクティックの選び方

整体・カイロプラクティックの選び方

ブログランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村

よろしければ、励みになりますのでクリックお願いいたします。

  1. 発達を促す遊び

    脳機能

    発達を促す遊び【幼児】~前庭系から考える~
  2. アスペルガー症候群原因

    アスペルガー症候群

    アスペルガー症候群の原因は遺伝?
  3. 変形性膝関節症

    変形性膝関節症の痛みを関節の機能を向上させて軽減
  4. シンスプリント改善方法

    スポーツ障害

    重症のシンスプリント改善方法【足のスペシャリストがサポート】
  5. 手根案症候群原因

    手根管症候群

    手根管症候群の原因
PAGE TOP