スポーツ障害

「あのケガさえなければ・・・」そのような後悔をさせないためにも伊勢市にあるカイロプラクティック心は全力でサポートさせていただきます。
ここではスポーツ障害の原因、カイロプラクティック施術による改善方法を書いています。

  1. 筋肉をつけると身長が伸びない?成長期のトレーニングについて

    筋肉をつけると身長が伸びない?【成長期のトレーニング方法について】

    「成長期に筋肉をつけすぎると背が伸びない」と聞くこともありますが本当でしょうか?全国レベルのチームでは、筋力トレーニングを取り入れているところもあり、最近で…

  2. 脳震盪 後遺症

    脳震盪 後遺症【脳震盪後症候群】

    脳震盪は、頭部の打撲によって生じる一時的な脳機能障害です。コンタクトスポーツ(アメリカンフットボール、格闘技、サッカーなど)で多くみられるイメージですが、日…

  3. eスポーツケガ予防パフォーマンスUP

    eスポーツ選手のケガ予防からパフォーマンスアップ

    eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ【electronic sports】の略)は、スポーツの競技大会である2022年のアジア大会に正式種目として採用されまし…

  4. 野球ケガ予防 神経システムから考察

    野球 ケガからの復帰・再発予防【機能神経(脳科学)的考察】

    野球は投球動作を繰り返す競技特性から、外傷(打撲、骨折、捻挫など)を除くと肩や肘のケガが多いです。とくに小学生では肘、高校生では肩の障害が多いとされています…

  5. 体幹トレーニング

    体幹トレーニング 効果ある?【真の体幹の安定性を知ろう】

    一流アスリートが体幹トレーニングを取り入れていることが知られ、体幹トレーニングを行う人も多くなりました。また、腰痛予防にもなるとされており、整骨院や整体でも…

  6. 骨化性筋炎から早く競技復帰したい人へ

    骨化性筋炎

    サッカー、バスケットボール、格闘技などコンタクトスポーツでは、打撲を含めた外傷が多いです。打撲のなかには、血腫(血の塊)が石灰化することで、骨化性筋炎を発症…

  7. ゴールデンエイジ

    ゴールデンエイジ理論の呪縛からこども達を開放せよ

    ゴールデンエイジ理論では、子供の運動神経が著しく発達する期間(12歳くらいまで)の過ごし方が、子供の運動神経、成人の運動能力に大きな影響を与えるとされています。…

  8. 足底腱膜炎改善させるには

    足底腱膜(筋膜)炎は適切な処置が大切【伊勢市/カイロプラクティック心】

    陸上の長距離ランナー、ジャンパー、バレエダンサーに多い足底腱膜炎は、なかなか改善されない足裏の痛みです。また、自己流で改善させようとしても難しく、さらに悪化…

  9. 良い姿勢はスポーツパフォーマンスを向上させるにか?

    「一流アスリートは姿勢が良い」と考えている人は多いです。また、スポーツ障害でお子さんを私のところへ連れてきていただいた親御さんは、「うちのこどもは姿勢が悪い…

  10. グロインペイン症候群からの競技復帰

    グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)リハビリとカイロプラクティック

    股関節から鼠径部付近の痛みは、ランニング、キック動作の多いスポーツ競技に多くみられ、総称としてグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)とも呼ばれます。また、医…

  1. 発達を促す遊び

    脳機能

    発達を促す遊び【幼児】~前庭系から考える~
  2. スタミナ切れが走り込み不足はウソ

    パフォーマンスアップ

    試合終盤に脚が動かなくなったら走り込めはウソ!?
  3. ジャンパーズニーの改善方法

    スポーツ障害

    ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎/膝蓋腱障害)/お皿の下の痛みを解決
  4. アキレス腱炎アキレス腱周囲炎改善方法

    スポーツ障害

    慢性化したアキレス腱炎(アキレス腱周囲炎)を克服したいあなたへ
  5. カイロプラクティック心情報

    コロナウイルスの不安を和らげた人へ
PAGE TOP