頭痛

専門外来でも解消されない頭痛の原因と解消方法

頭痛は脳の病気が隠れている可能性もあり、病院で診察することが大切です。しかし、病院の治療法でもなかなか解決されなかったり、鎮痛薬(イブ、バファリンなど)でごまかしたりしている頭痛もちの人も多いです。また、頭痛にもいくつか種類があり、カイロプラクティックがとても有効ケースがあります。

1つでも当てはまる人は、ぜひカイロプラクティック心にご相談ください。

頭痛は、頸椎性も多く背骨調整が専門のカイロプラクティックが頭痛解消に有効です。また、カイロプラクティック心は機能神経学、NKTなどで身体を評価し、神経や筋肉のアンバランスを改善させることで自律神経や筋緊張性の頭痛にも対応しています。ここらは、頭痛について詳しく書いていきますので、頭痛を解消したい人はぜひお読みください。

危険な頭痛

頭痛の中でも脳腫瘍、脳出血、髄膜炎など専門医の受診が至急必要なケースもあります。ここの判断を間違ったら命にも関わるため、今まで感じたことのない頭痛や初めて感じる頭痛などは初めから整体やカイロプラクティックに行かずに、必ず病院を受診してください。

カイロプラクティック心では、病院の受診歴がある方でも、カウンセリングさせていただき専門医の対応が必要な頭痛ではないか判断致します。

下記のことがあれば、迷わず専門医へ至急向かってください。

  • 朝に目覚めた時、頭痛が一番強く時間と共に軽快する
  • 突然、体験したことのない激しい頭痛でも時間と共に軽快する
  • めまいと嘔吐に加えて頭痛を伴う
  • 頭痛と頸部が固くなることに加え、吐き気がなく突然嘔吐する
  • 嘔吐すると楽になる
  • 最近、転倒し頭をぶつけ、しばらくしてから頭痛を感じるようになった
  • 発熱を伴う頭痛

緊急性のない頭痛症状であれば、カイロプラクティック適応ということで原因を考え施術をさせていただきます。

頭痛の種類

大きく分けると「筋緊張性頭痛」「偏頭痛(片頭痛)」「群発性頭痛」の3つに分けられ、他にも三叉神経痛、頸部性頭痛などもあります。このように頭痛にもいくつか種類があり、飲むべき薬や対処方法が異なります。

筋緊張性頭痛

肩や首のコリを強く感じると共に頭痛が発症するため、筋肉の緊張が関係していることが多いです。また、身体にかかるストレス以外にも精神的ストレス身体を緊張させてしまうため)も関わりがあると言われています。筋緊張性頭痛の痛みの質は、鈍い痛みが特徴的です。

偏頭痛(片頭痛)

偏頭痛は、女性ホルモンやセロトニンが影響すると言われます。チカチカと光がみえる、酷い肩こり、眠気などの前兆のあるタイプとないタイプに分かれ、ズキズキとした鋭い痛みが特徴的です。

群発性頭痛

緊張型頭痛、偏頭痛に比べれば、頭痛の頻度は少ないですが(1年もしくは数年に数回)1度おこると数ヶ月続くことがあります。激しい頭痛を感じ、目の奥に強い痛みもあることが特徴的です。アルコールやタバコが頭痛の発作原因になることが多いです。

三叉神経痛

三叉神経痛は、頭痛だけではなく顔面全体に痛みが及ぶことがあり、特徴的な症状としては眼底痛です。三叉神経は脳神経ですが、上部頸椎にある神経と関わりがあるため、頸部の問題で三叉神経痛がおこるケースもあります。

頸性頭痛

頸性頭痛は、頸部の問題で起こり、鈍痛から鋭い痛みまで幅広い痛みが生じます。これは、頸部の問題部位の違いによるものと考えられ、三叉神経痛とよく似た症状を起こすこともあります。頸性頭痛においては、カイロプラクティックアジャストメントが有効であることが多いです。

頭痛の場所(おでこ、後頭部など)で考えられる背骨起因の頭痛

頭痛は、カイロプラクティックで効果の現れやすい症状です。全てではありませんが、背骨の歪み(サブラクセーション)の場所で頭痛が発生する場所も異なります。

前頭部(おでこ)の頭痛

上部・中部の頸椎サブラクセーションがみられます。

こめかみの頭痛

胸椎4番(肩甲骨の上部辺りの背骨)のサブラクセーションがみられます。また、T4症候群の可能性もあり、頭痛以外にも手のしびれ、肩こりなど複数の症状が現れることもあります。

後頭部の頭痛

頸椎性よりも腰部のサブラクセーションの方が多くみられます。

眉間の頭痛

腎臓の問題が影響することがあり、胸椎10~12番のサブラクセーションがみられます。

頭痛の原因は?

頭痛といっても、脳自体が痛みを発生(脳に痛みを感じる痛覚はありません)させているワケではありません。主な頭痛の発生メカニズムは、何らかの原因による血液の循環に問題がおこり結果として発痛物質が生産され頭痛を感じます。

さらに頭痛の原因を細かくみていくと下記のことが考えられます。

筋肉の緊張

筋緊張性頭痛は、肩から首周辺の筋肉の過剰な緊張により、頭部周辺の筋膜や神経を刺激してしまい頭痛を感じることがあります。

血管の拡張

偏頭痛、群発性頭痛は、血管の拡張が原因とされています。血管を拡張させる原因として血管から放出される神経物質によるものとされています。また、血管は自律神経の働きにより拡張、収縮を行います。そのため、血管の拡張には自律神経が関与すると考えられます。

薬剤性

市販されている鎮痛剤の過剰摂取が原因となる反跳性頭痛があります。また、「薬の中には副作用が頭痛」と記載されているものもあり、安易に薬に頼らない方が良いケースもあります。

他の疾患の影響

脳疾患、副鼻腔炎、感染症など他の疾患が影響していることがあります。

ストレス

肉体的ストレス(重い荷物を肩にかける、長時間の労働など)による筋緊張や精神的ストレスは自律神経の乱れを誘発し、血管の拡張や筋緊張による頭痛を引き起こします。

食事

チョコレート、ワイン、チーズには血管収縮に作用するチラミンが含まれ、頭痛の原因になる人がいます。また、身体に合わない食品を摂取した場合でも頭痛として現れることがあります。

頸椎性(首の問題)

頸椎の骨の中を血管が通るため、頸椎の状態によっては血流量が低下し頭痛を誘発することがあります。また、頸椎性であるとデスクワークで頭を突き出した姿勢は血流量を低下させるため、頭痛を誘発します。

過去の外傷(交通事故、コンタクトスポーツなど)

外傷により頸部付近の筋バランスや関節の異常運動が継続していると頭痛を誘発する原因になります。

女性ホルモンの影響

セロトニンと女性ホルモンの分泌量に関係性があると言われ、セロトニンの分泌量が増え過ぎてしまうと偏頭痛を誘発します。

このように頭痛の原因は多く、その人にとって頭痛の原因は何かを突き止めることが大切です。慢性頭痛をもった日本人は約4000万人いるとされていますが、正確な診断を受けていない人も多くいます。そのため、病院での治療法も紹介します。

西洋医学(病院)での主な頭痛治療

◇薬物療法

緊張型頭痛⇒鎮痛剤(アスピリン、イブプロフェンなど)が処方されます。

偏頭痛⇒鎮痛剤のほかに血管拡張を抑えるトリプタン製剤、制吐剤も処方されることもあります。

群発性頭痛⇒鎮痛剤はあまり効果がなくスマトリプタンという皮下注射が主な薬物療法。

◇その他

緊張型は筋緊張を緩和させるため、ストレッチや体操などの運動療法が行われます。

偏頭痛は、薬物療法が主となり、生活習慣、食生活の見直しを提案されることがあります。

群発性頭痛を発症してすぐのケースは、純酸素吸入方法により痛みが治まることが多いようです。また、タバコやアルコールが誘発原因であるため、それらを控えることも提案されます。

頭痛のセルフケア

頭痛は食生活、生活習慣などでも改善がみられることもあるため、頭痛のセルフケアをご紹介します。

こまめな水分補給

水分量が足らないと悪く言えば血液もドロドロの状態です。そのため、血液の循環不良がおきやすくなります。あまり、水分を摂っていない(1日2リットルが目安)という心当たりのある方は水分補給はおススメです。

カフェインが多く含まれるコーヒー、緑茶は、飲み過ぎると頭痛を誘発します。(なかにはカフェイン摂取により頭痛が治まる場合もあります)また、スポーツ飲料は糖分が多く含まれるため、日常の水分補給としては不適切です。

水、もしくは白湯での水分補給がおススメです。

楽な姿勢を心掛ける

姿勢を気にしすぎて、肩周辺が緊張してしまうことがあります。また、姿勢を姿勢を良くしようと腰を反らせすぎる人もいます。この姿勢は交感神経が優位に働くため、疲れやすいです。背もたれも使い、背中を丸めても良いので楽な姿勢を心掛けましょう。そして、30分に1回は立つ、背伸びをするなど姿勢を少しで良いので変えてください。

食生活の見直し

群発性頭痛の方は、アルコール、タバコが引き金になっていることが多いため発作がおきるようでしたら、止めることも考えたほうが良いでしょう。

食物、食事成分で頭痛を引き起こす場合があります。

チョコレート、ワイン、熟成チーズなどには血管を拡張する作用のあるチラミンが含まれているため食べ過ぎ、呑み過ぎには気をつけましょう。他には亜硝酸塩を含む加工肉、イワシ、果物、人工甘味料ワインやドライフルーツの保存料として使われる亜鉛硝酸などがあります。食品添加物であるグルタミン酸ナトリウム(缶詰、加工肉製品などの味を強めるために使用される)も頭痛誘発物質に挙げられています。

食品が多数あるため、毎日の食事内容(調味料、食材)を記載し頭痛との関連性を調べ、疑わしい食品は避けるようにしましょう。

カイロプラクティック心の頭痛施術

機能神経学、原始反射、NKTなど神経機能の評価、アプローチで自律神経や神経ネットワークの混乱からくる筋緊張などに有効な手法で施術いたします。また、カイロプラクティックの考えでは、頸椎を含めた頭蓋、背骨が原因とされる頭痛もありカイロプラクティック的な考察も行います。

頭痛の施術に大切な頸椎をはじめ、足元から全身のバランスを調整します。身体の土台となる足元が崩れれば、その上に頸部、頭部が安定せず、姿勢にも影響します。症状によっては足関節を調整するだけでも肩も楽になり頭痛も軽減することもあります。

カイロプラクティック心の施術は魔法ではなく初回で全ての症状を取り除くことはできません。それでも一日でも早く症状を改善させるために身体の評価を大切にして原因を解決していきます。また、頭痛の原因も数多く、複数絡んでいることのほうが多いです。そのため、3~6回は集中的に施術(週1~2回の施術)し、表面的な原因だけではなく潜在的な原因、生活習慣のアドバイスも含め頭痛改善を目指します。

症状が軽減すれば、徐々に施術間隔をあけ施術無しでも頭痛のない状態を目指していきます。

頭痛の改善例/伊勢市カイロプラクティック心

頭痛から早く解放されたいあなたへ

仕事や家事、趣味に集中するため、頭痛の頻度を減らしたいもしくは無くしたい

自分にった頭痛の対処法を知って対応できるようになりたい

このような方は、ぜひカイロプラクティック心にお越しください。

一緒に頑張って頭痛を改善させましょう。

伊勢市 カイロプラクティック心 案内

LINEからのお問い合わせ、ご予約

   友だち追加

人気整体(カイロプラクティック)のおすすめの選び方

カイロプラクティック心Googleストリートビュー

   カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約電話先:0120-638-124

住所:三重県伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 腰痛・脚の痛みしびれ

    仙腸関節障害?慢性腰痛の原因かもしれません
  2. カイロプラクティック(整体)

    健康保険の話
  3. 部位別の症例報告(改善例)

    首痛/手や腕のしびれや痛みの改善例(症例報告)
  4. 部位別の症例報告(改善例)

    下肢のしびれ痛み(坐骨神経痛)改善例
  5. 腰痛・脚の痛みしびれ

    すべり症でしてはいけない運動?原因と解決方法
PAGE TOP