学習障害

学習障害の支援/カイロプラクティック心でできること

学習障害は、発達障害の1つであり知的な遅れは伴いませんが「読む」「書く」「計算する」「推論する」など学習に必要な能力が極端に困難を示します。また、就学するまで気づかれにくく症状の程度によっては、学年が上がるまで気づかないこともあります。

例え学習障害に気づいたとしても、現代の医学では治療法が確立していません。そのため、どうしたら良いかわからない学習障害当事者やその親御さんも多くみられます。

しかし、学習障害は知的な遅れはなく、極端な苦手があるだけでそれをカバーするための環境調整や学習の仕方の工夫によって、学校の勉強や仕事を上手くこなしていくことができます。

ここでは、一般的な学習障害の支援方法から、カイロプラクティック心でできることを解説していきます。

一般的な支援

発達障害を診断できる専門医は少なく、地域によっては数ヶ月の診断待ちになることもあるそうです。そのため、「学習障害かな?」と疑った場合は、相談窓口を利用することをお勧めします。

●主な発達障害の相談窓口

【こども】

  • 保健センター
  • 子育て支援センター
  • 児童発達支援事業所
  • 発達障害者支援センター
  • かかりつけの小児科(発達障害の専門性がないと同じ小児科でも診断は難しいです)

【大人】

  • 発達障害者支援センター
  • 障害者就業・生活支援センター
  • 相談支援事業所

上記の施設がどこにあるかわからない場合は、居住区の役所に相談することで教えてくれます。また、それぞれの専門機関に相談した上で疑いがある場合は、専門医を紹介してもらえます。

程度によっては、環境調整や学習の工夫を指導され症状が和らぎますが、重度になるとそれだけでは難しいケースもあり特別支援学校で学習を進めていくことがあります。

環境調整、学習の工夫

2016年に障害者差別解消法という法律が制定され、障害に対して何らかの配慮をすれば障害のない人と同じ環境でも通常とおり過ごせるのであれば、積極的に支援を行うようになりました。

例えば、受験を受ける際、読むことが苦手で聞くことで理解できるのであれば、読字障害を申請し別室で問題文を耳で聞いてテストを受けることができます。

このように障害に対し法律によって支援を受けれるため、学習障害が疑われる場合は病院で診断してもらうことが大切です。

DAISY

DAISYとは、Digital Accessible Information SYstemの略で、日本では「アクセシブルな情報システム」と訳されています。

ここ数年来、視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難な人々のためにカセットに代わるデジタル録音図書の国際標準規格として、50カ国以上の会員団体で構成するデイジーコンソーシアム(本部スイス)により開発と維持が行なわれている情報システムを表しています。

引用元:DAISYホームページ

このシステムによって、学校の教科書をパソコンに取り込み音声で聞くことができます。

読字障害がみられる場合は、音声で教科書の内容を理解することができるため、通常学級での学習もストレスなく行えます。

デジタルグッズの活用

最近のスマホ、タブレットには読み上げ機能があるため、読字障害には有効です。また、書字障害では書くことが苦手なため、パソコンへのキー入力で代用することができます。

また、学習支援用のアプリもあり、苦手なことを楽しくトレーニングできるよう工夫されているため、活用してみるのも良いでしょう。

スマホやタブレットのアプリだけではなく、Windowsの学習支援アプリもあります。

パソコン、スマホ以外にも九九が難しい算数障害は、電卓を利用したり、ひっ算の段数がズレる場合は方眼紙を利用したり、苦手なことを理解し工夫することで学習障害の困難を和らげることができます。

親御さんの接し方

発達障害全般に言えることですが、努力するだけではできないこともあり、それを理解されないと自己肯定感が低下してしまいます。それが、結果としてやる気の喪失、出来るはずのこともやろうとしなくなったりします。

まずは、なぜできないのかを一生懸命考えてあげてください。

そうすることで、どのような環境調整が必要か、どうすれば学習しやすくなるか行動もしやすくなります。そして、工夫によつて少しでもできるようになれば、褒めて少しずつ目標設定をあげていきます。

自己肯定感を下げずにやる気を引き出してあげることが大切です。

カイロプラクティック心の学習障害アプローチ方法

学習障害は、脳機能異常(中枢神経系のトラブル)が原因と考えられています。

カイロプラクティック心は、機能神経学、AKなど神経評価も取り入れてアプローチしています。また、発達支援コーチや宇佐川研などカイロプラクティック以外で発達障害の支援を行っている団体のセミナーにも参加し、発達障害について学んでいます。

※機能神経学は、アメリカで発達障害のアプローチ評価に取り入れられ効果がみられている学問です。

「読む」「書く」「計算する」といって神経回路は、複雑であり病院での検査(WISC、K-BACなど)も踏まえ、神経系の評価が大切です。

機能神経学的にみた学習のメカニズムは?

「読む」「書く」は、単純にみえますが、以下の情報を収集してアウトプット(表現)する必要があります。

  • 見る(形が認識できているか、鏡文字にみえていないか)
  • 文字の形の認識(眼球を止められず文字がブレて見えていないか、文字を記憶できているか)
  • 音韻の理解(文字の形と音が一致しているか:例「あ」という文字を「い」と発語する)
  • 文字の集まりが理解できるか(例「りんご」を「り」「んご」として読むことで理解ができない)
  • 発語および書字の運動機能(文字を理解できても言葉を発したり、書いたりする運動機能が育っていない)
  • 記憶が働いているのか

このように色々な情報を脳で統合して初めて読む、書くということができます。

そのため、どこの過程に問題があるのかわからない間に読み、書きの練習をしたとしてもなかなか効果が現れません。

機能神経学では身体のどの機能が育っていないかを見極め、そこが活性化するようにアプローチしていきます。

AK(アプライド・キネシオロジー)

各種療法は、カイロプラクティックのAKを基に作り上げられた技法もあります。(AKを噛み砕いたものがブレインジムの基になる教育キネシオロジーでもあります)そのため、各種療法で期待できる効果がカイロプラクティックでも期待できると言えます。

※すべてのカイロプラクティックがAKを取り入れているワケではありませんので、情報がないまま近くのカイロプラクティックへ行っても対応できないことの方が多いです。

AKの著書にも発達に関することが記されています。

通常、乳児のそれぞれの脳半球の特性は遺伝的に決定されており、それぞれの脳半球の優位性を割り当てることになる。適切な機能のためには、優位性は全身で統合されなければならない。DomanとDelacatoは、両側の機能と優位性を通して神経システムの発達について仮説を立てた。

~中略~

彼らのアプローチを失語症や失読症などの学習障害と神経機能の障害を持つ者に対して使用した。

~中略~

DomanとDelacatoによって示されたコンセプトは1960年代の教育やリハビリステーションの分野において活発に取り入れられ大きな成果を上げた。

引用元:アプライド・キネシオロジー シノプス

この考え以外にも神経学的不統合、筋紡錘(固有受容器)テクニックなどAKには、神経機能を評価、アプローチ方法が多くあります。

機能神経学

簡単に説明すると脳の偏り(左右どちらかの大脳機能低下)を評価して、機能低下側の大脳を活性化させるアプローチを行います。ただ、大脳の関りは複雑で他の部位(小脳、脳幹、前庭系など)も評価することになります。

脳の機能をどう活性化させる?

脳の可塑性についてヘッブの法則というものがあります。

神経系は外界の刺激などによって常に機能的、構造的な変化を起こすこしておりこの性質を一般に“可塑性”と呼んでいる。

 引用元:心理学者のドナルド・ヘッブによって提唱

ヘッブの法則は、ニューロン間の接合部であるシナプスにおいて、シナプス前ニューロンの繰り返し発火によってシナプス後ニューロンに発火がおこるとシナプスの伝達効率が増強されるというものです。 要約すれば、神経が活動するような刺激を繰り返しいれることで強化され、脳が活性化するということです。

ヘッブの法則で考えれば、機能低下している側の大脳半球に繰り返し発火する刺激を入れることができれば、神経伝達が正常に戻り調和のとれた脳の状態になります。

脳への刺激方法

カイロプラクティックでは、機能が低下している大脳半球に刺激がいくようにカイロプラクティックアジャストメント(基本的には大脳半球低下している反対側)運動、音を聞かせる、光、匂い、眼球運動などを行います。また、刺激には頻度、持続、強さに分類され、その人に合った適切な刺激を選択する必要があります。

脳への刺激は頻度も重要で、施術以外でも行ったほうが良いです。ただ、右側および左側の大脳半球に刺激を与える方法に違いがあるため、それを評価して大脳の機能低下側に刺激がいく方法(片側の耳で音楽を聴く、バランスエクササイズ、光の刺激など)を行います。

脳の可塑性(活性化)には、刺激だけではなく栄養、酸素も必要です。栄養は糖質のため不足することは少ないですが、呼吸が上手くできておらず、酸素が上手く取り込めていなことが多いです。

発達障害とは関係ない書籍ですが、酸素不足について以下のことが述べられています。

脳が酸素不足になって疲弊すると、心身は緊張を緩めることができなくなります。例えば筋肉が過度に緊張する、光や音などの刺激に対して過敏に反応する、感情のコントロールができなくなるなどの症状が現れます。さらに運動能力、免疫機能、消化機能も低下し、脳が疲弊すると人間のもつほぼすべての能力が低下すると言っても差し支えないでしょう。

引用元:新しい呼吸の教科書 – 【最新】理論とエクササイズ

このように呼吸は神経機能を回復させるには重要であり、カイロプラクティック心では胸郭や呼吸指導なども行います。

施術

大脳機能低下⇒関節運動学的テクニック、カイロプラクティックアジャストメント、眼球運動、バランスエクササイズなど

原始反射の問題⇒頭蓋骨調整(頭蓋仙骨療法)内臓マニュピレーション、原始反射統合エクササイズ

ホームケア指導⇒栄養、簡単なエクササイズ

カイロプラクティック心は施術歴10年の施術者が責任をもって一人で担当させていただきます。また、安心して施術を受けていただけるよう現在も文献を読んだり、セミナー、勉強会にも出向いて知識と技術向上に努めております。

カイロプラクティック心の役割は、土台をつくることにあります。

花で例えると、良い土壌があり、水や日光が与えられることで立派な花が咲きます。土壌、水、日光どれが欠けても花は咲きませんが、土壌という土台(カイロプラクティック)をつくり、根を張り水分を蓄えられるようにしてあげることで、日を浴びて水をえて(心理療法、療育、栄養素)成長しやすくなります。

「他の療法がなかなか効果が現れない」と感じている人は、療法を受ける前の土台作りをしたほうが良い可能性があるため、カイロプラクティックを一度お試しください。

今より楽しく勉強できるお手伝い

学習障害は、特定の能力が極端に困難を示すため、勉強がつまらなくなってしまうことがあります。しかし、環境調整、学習の仕方の工夫などによって勉強が楽しくなり、学業にも集中力を発揮できるようになることも少なくありません。

カイロプラクティック心では、今よりも快適に学習できる可能性を一緒に探りながら、楽しく勉強できるお手伝いをさせていただきます。

「今よりも快適に勉強できそうなら、こどもに受けさせた」「今の治療で効果があまりない」と感じている人は、ぜひご相談ください。

 

関連記事

  1. 学習障害

    学習障害について

    学習障害は、発達障害に1つであり、知的な遅れがないにもかかわらず、何ら…

  2. 学習障害

    学習障害の原因は?遺伝?脳の機能異常?

    発達障害の1つとされる学習障害は知的な遅れがみられないにもかかわらず、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 変形性股関節症

    変形性股関節症は手術?(後悔しないための基礎知識)
  2. 自閉症スペクトラム障害

    自閉症スペクトラム障害の原因とリスク
  3. カイロプラクティック心情報

    「足の発達と姿勢」~靴から考えよう~
  4. 論文紹介

    腰痛治療へのカイロプラクティック併用は効果的
  5. スポーツ障害

    重症のテニス肘は組織変性?関節の問題?原因は色々
PAGE TOP