スポーツ障害(スポーツカイロプラクティック・整体)

伊勢市 スポーツ障害 整体

スポーツ障害は、使いすぎ(オーバーユース)、身体の使い方の問題、競技特有の身体への負荷によって発生するスポーツでのケガです。

症状は、一般的な腰痛、膝痛などと変わりませんが、スポーツ障害は競技復帰を考えたケアが大切になります。

高齢者やスポーツをされてない人であれば、安静にして電気治療や服薬などで徐々に痛みは緩和されます。しかし、スポーツ選手は「早く競技に復帰したい」「大事な試合にでたい」など一日も早く症状を改善させる必要があります。

また、なかには競技を続けながらコンディションを上げていくことも必要になります。

そのため、「安静」「服薬」「電気治療」「マッサージ」など一般的なスポーツ整形外科や整骨院だけでは、解決できなスポーツ障害がみられます。

カイロプラクティック心は、病院や整骨院でも、なかなかスポーツ障害が改善されない方のサポートを行っています(病院での診断も重要であり、とくに急性期は病院での診断を優先してください)

カイロプラクターは、筋肉、関節の評価、アプローチを行う筋骨格系のスペシャリストです。また、カイロプラクティック心は、スポーツ障害対応の治療院で経験を積んでおりますので、スポーツ障害はお任せください。

アメリカでは、一流アスリートがカイロプラクティックを利用しており、スポーツ障害、コンディショニング、パフォーマンス向上にも有効であることが認知されています。(パーマーカイロプラクティックカレッジ)

伊勢市 スポーツ整体 改善

1つでも当てはまる方は、当院の施術をお試しください。

スポーツ障害とは(定義)

スポーツ傷害は、「外傷」「障害」に大きく2つに分けられます。

「外傷」とは、局部に強い力が加わることにより生じるケガであり、 骨折、脱臼、捻挫(靭帯の損傷および断裂)、腱損傷および断裂、肉離れなどをいいます。

「障害」とは、一部位に繰り返し負荷が加わることで生じる(微細損傷の積み重ね)によるケガであり、 野球肩、野球肘、テニス肘、オスグッド、シンスプリントなどをいいます。

スポーツでのケガはまず病院で診断

スポーツのケガは、上記に書いた外傷の可能性もあり、外傷や手術適応症状は病院での治療が競技復帰への近道です。そのため、自己判断でのケア(安静、ストレッチ、薬の服用など)は、無駄に回復を遅らせることがあります。

捻挫を甘く考える指導者も多いですが、重症度によって治療方法も異なり今後のパフォーマンスに大きく影響します。また、成長期(15歳以下)は骨も成熟しておらず、野球肘やオスグッドでは骨折しているケースも少なくありません。

このようなことから、指導者、親の勝手な判断で治療するのはやめましょう。

スポーツ障害の診断はスポーツ整形外科?普通の整形外科?

「スポーツに理解があるのか?」がとても大事です。

スポーツに精通していない医師に診てもらうと、、、「安静にしていなさい」「スポーツを辞めなさい」など競技復帰の治療計画を立てられず、高齢者や運動しない人と同じ内容の指導を行う可能性があります。

※カイロプラクティック心の代表も「スポーツを辞めろ」と言われた経験者です。

このことから「スポーツ整形外科」を受診したほうが、このようなケースは少ないと考えられます。

スポーツ整形外科が万能というワケではありません。

  • 電気治療やマッサージを受けているが、なかなか治らない。
  • 注射や薬などで一時的にしか痛みが治まらない
  • 某プロスポーツ選手が来院するクリニックの治療やリハビリを受けても良くならない

カイロプラクティック心にきた人達の不満は、上記のようなことが多いです。

電気治療、超音波治療、注射、痛み止めの薬などは、初期治療(急性の痛みや痛めた組織の回復)には効果的です。しかし、根本的な問題が改善されず、再発するケースも多くみられます。

また、某プロスポーツ選手がくるクリニックで診てもらったけど・・・という不満もどこの地域でも少なくありません。プロスポーツ選手は、健康管理も仕事の一つです。そのため、色々な治療(マッサージ、鍼、コンディショニングトレーニングなど)を受けていることが多いです。

整形外科とカイロプラクティックの役割の違い

カイロプラクティック心にも、プロスポーツ選手が通うクリニックに行って、「半年安静」と言われたクライアントが来院いただきましたが、数回の施術で試合に復帰できました。

「カイロプラクティック心の施術が病院やスポーツトレーナーよりスゴイ!」と言うわけではなく整形外科とカイロプラクティック心の役割の違いです。

整形外科は、手術適応症状や初期治療(捻挫、打撲など急性期のケガ)はとても有効です。

カイロプラクティック心では、このような治療はできません。しかし、慢性的なスポーツ障害(数ヶ月痛みが続く、何度も再発するなど)は、生体バイオメカニクス、身体の使い方、筋骨格系の機能低下などの回復も必要です。これらの回復は、電気治療や投薬では不可能です。

スポーツ整形外科では、リハビリ施設で筋骨格系の機能低下に対してアプローチをするところもありますが、「関節」「筋肉」の評価がしっかりできるところが少なく感じます。

これらの理由により、スポーツ整形外科でも治りにくいスポーツ障害が存在します。

スポーツ障害の種類

◇主なスポーツ外傷

  • 靭帯損傷、断裂(捻挫)
  • 半月板損傷
  • 肉離れ
  • 打撲
  • 脳震盪
  • 骨折

 

◇主なスポーツ障害

  • 野球肩(インピージメント症候群、腱板損傷、関節唇損傷など)
  • 野球肘(内側側副靭帯損傷、離断性骨軟骨炎など)
  • テニス肘(外側上顆炎、橈骨管症候群など)
  • ゴルフ肘(内側上顆炎)
  • 腰椎分離症
  • グロインペイン症候群
  • ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)
  • 腸脛靭帯炎
  • 鵞足炎
  • オスグッド
  • 足底腱膜炎

スポーツ障害は、スポーツ競技によって発生するけがの総称であるため、スポーツ障害の種類はとても多いです。また、スポーツをしていない人でもスポーツ障害とされる症状は現れます。(テニス肘は、テニス選手よりも一般の人の方が多いとされる病態です)

スポーツ障害の原因は?

スポーツ障害は、主にオーバーユース(繰り返されて負荷がかかる:使い過ぎ)が原因とされています。とくに成長過程(15歳以下)にバラつきがある時期に同じ内容の練習でも体格差や筋力の違いにより、過剰な練習でスポーツ障害を発生させることがあります。ただ、オーバーユースだけがスポーツ障害の原因ではありません。

身体の使い方(フォーム)の問題

スポーツ障害でも軽度な場合は、身体の使い方を指導するだけでも痛みが軽減することも少なくありません。身体は連動して動くため、一部分でも動きにくさがあれば、他の部分が代わりに動く必要があります。それが、結果として使い過ぎになってしまいます。

スポーツスキル(身体の使い方)は2種類

スポーツは大きく分けて競技スキル、運動スキルの2つがあります。

競技スキルは、競技に必要なフォームです。そして、運動スキルは日常の運動(走る、投げる、跳ぶだけではなく箸を持つ、立ち上がるなど全ての運動)が含まれます。

最近では、外遊びの経験が少ないにも関わらず、低年齢で競技を開始することも多く、運動スキルが育っていない段階で高度な競技スキルを身につけようとするため、ケガをしたりレベルについていけなかったりします。

身体の機能低下

筋肉の協調運動、関節の正常運動など正しく身体を機能させていることが望ましいです。これらが機能していないと、どれだけ意識してフォームを修正しようとしても修正が難しいです。

この機能低下は、関節のアライメント不良、モーターコントロール異常、栄養問題など原因が多岐にわたります。

中枢神経を含めた神経系の問題

筋肉、関節など身体を動かすために膨大な神経ネットワークが相互作用しています。そのため、身体の神経系の乱れがスポーツ障害の原因となっていることがあります。

原始反射や姿勢反射など神経反射が乱れていると、不必要に身体を緊張させたり、バランスが悪くなったりします。それが結果としてパフォーマンスの低下、ケガにつながります。

他にも左右の脳バランスの崩れ、自律神経の乱れがスポーツ障害の原因となっていることも少なくありません。

食事(栄養)の問題

栄養によって身体がつくられます。そのため、栄養不足(お菓子ばかり食べる、ジュースばかり飲むなど)過敏症(牛乳のカゼイン、小麦などアレルギーにはならない程度で食品に過敏)などが引き金でケガをすることがあります。

アスリートに栄養士がついていることは、よく取り上げられていますが、パフォーマンスアップだけではなく、ケガ予防の側面もあります。

生活習慣

睡眠時間、ゲーム、不必要な自主練習など生活のバランスが崩れているとケガしやすくなります。特に睡眠時間は、9時間とることでスポーツ障害を発症する確率が低下し、パフォーマンスが上がったという研究報告もあります。

 

カイロプラクティック心のスポーツ障害に対する考え

スポーツ障害は、適切な治療を行うことが大切です。そのため、病院での初期治療(電気療法や投薬などで)炎症をコントロールすることも重要です。ただ、「痛みが治まる=完治」ではありません。

例えば、捻挫は痛みだけ引いても関節のアライメント不良や感覚受容器の機能低下などを併発しているため、捻挫をしやすい状態(捻挫癖)であり、これを痛みが引いたからとすぐに競技復帰させて良いのでしょうか?

捻挫に限らず、外傷を受けた患部には関節のアライメント不良、筋肉や靭帯など組織のキズが発生します。さらには、神経組織の損傷、異常運動パターンの構築も起こしています。そのため、メディカルチームが帯同するスポーツ競技では、痛みをとるだけではなく、競技復帰をするためのサポートも必ず行われます。

カイロプラクティック心では、一般的な整形外科では行われない、競技復帰サポート(痛みの改善だけではなく競技復帰に必要な機能回復)をさせていただきます。そのため、症状によっては病院での経過観察も併用しながら、施術を受けられることもおススメします。

スポーツ障害の改善から競技復帰サポート

筋肉や靭帯など組織の損傷は電気治療などで回復を早めることはできますが、関節のアライメント不良は関節運動学を考慮した手技でしか回復しません。また、神経組織の損傷や異常運動パターンが構築されているケースは神経系を再教育するリハビリが必要です。

異常運動パターンとは?

一般的に分かりやすくいえば、痛い部分をかばった動きにより、正常な運動パターンを逸脱してしまった状態です。

足を痛めてかばって歩いていたら腰や反対側の足も痛くなってきたなど聞いたり、経験されたりしたこともあるのではないでしょうか?

また、痛い部分をかばっているだけで異常運動がでるのであれば解りやすいのですが、クセや脳の優位性(利き手、利き足など)、微小な身体への負担の積み重ねなど、自覚でていない問題でも異常運動パターンを起こします。

異常運動パターンを回復させるためには

「関節のアライメント」「筋肉の協調運動」の2つを回復させます。この2つが回復しないと意識して正しいフォームで行おうとしてもできません。反対に間違った運動習慣(身体の使い方)があっても改善されません。そのため、ホームケアで意識的に正しい動きができるようにする必要もあります。

何度もケガを再発するときは、身体の使い方に問題があるケースが多いです。

神経機能の評価、アプローチ

スポーツに大切な要素である筋肉の反応速度、バランス感覚、身体を動かすときの微調整、運動学習など神経系が正常に働くことが重要です。また、神経系が上手く働いないと筋力トレーニング、技術トレーニングなどの効果も半減してしまう可能性があります。

神経系の評価は、一般的な整形外科、整骨院、整体などの治療院では行われません。そのため、有名な治療院へ行っても回復しないケースもみられます。

カイロプラクティック心では、機能神経学、原始反射、NKT、AKなどを使って神経機能を評価します。そして、機能低下している神経系に対してアプローチしたり神経機能を回復させるエクササイズなどを指導します。

カイロプラクティック心のスポーツ障害施術内容

カイロプラクティック心は、機能神経学、NKT、原始反射など神経系の評価をもとに筋肉の協調運動を回復させていきます。また、関節のアライメントは、カイロプラクティックアジャストメントだけではなく関節運動学テクニックによって、動作中の関節運動も正常にできるように施術を行います。

神経系の評価、アプローチができるところは、日本でも少なく伊勢で知る限りではカイロプラクティック心だけです。そのため、他の治療では改善されなかったスポーツ障害が回復することも少なくありません。

スポーツ障害をプラスに変える

練習を全力でできないことだけを考えれば、スポーツ障害はマイナス要因です。しかし、ケガをキッカケに自分の身体と向き合い何が足りなかったかを考えることができれば、必ずパフォーマンスが上がります。

痛みは身体からの警告です。

それを無視して、今までと変わらない習慣を続ければ、身体が壊れるのは当然です。

今まで気付かなかったクセ、フォームが改善できなかった原因などが解れば、スポーツ障害もパフォーマンスアップの伸びしろになります。カイロプラクティック心は、スポーツ障害で痛みを改善させて終わりではなく、パフォーマンスアップのお手伝いもできるように対応させていただきます。

どこに行っても良くならず、満足な練習ができていなくてもパフォーマンスアップのヒントはスポーツ障害の中に隠れています。

諦めずにカイロプラクティック心と一緒に1つ上を目指しましょう!

スポーツ障害改善アプローチ方法

キネマティック異常、関節の可動制限などの異常運動⇒関節運動学的テクニック、カイロプラクティックアジャストメント

神経筋の低下の評価、アプローチ⇒NKT、AK、筋伸張テクニック、ストレイン・カウンターテクニック

バランス低下、姿勢制御の問題⇒機能神経学、原始反射、神経統合エクササイズ

固有受容器トレーニング⇒エクササイズ指導

カイロプラクティック心は施術歴10年の施術者が責任をもって一人で担当させていただきます。また、安心して施術を受けていただけるよう現在も文献を読んだり、セミナー、勉強会にも出向いて知識と技術向上に努めております。

テーピング

テーピング方法も色々ありますが、貼り方によってはバランス機能や可動域に変化がみられる貼り方を優先します。一般的には固定するテーピング方法が知られていますが、機能を低下させないために固定をしない方法を取り入れています。

カイロプラクティック心では、足の機能を維持、向上させることを目的にテーピングを使用します。スポーツ競技を中止したとしても立つ、歩くまでの制限はできません。また、ある程度の痛みが抑えられるのであれば、リンパや血液循環を改善させる目的で軽い運動も行っていくことが早期改善につながります。

インソール

カイロプラクティック心は、3点バランス保持理論のBALANCEインソールの代理店です。

3点バランス保持理論は以下のとおりです。

もともと人間は足裏の踵骨、親指根元の種子骨(拇趾球)、小指根元の中足骨(小趾球)の三点を支点として、二足歩行が可能となりました。 三点BALANCE保持理論とは、この三支点にバランス調整を行うことで、より支点保持力を高め、内外の縦足弓や横足弓の働きを活性化させて、 質の高い重心バランスに調整すると共に、「第2の心臓」として循環機能を活性、補助させる事を目的としています。

出典:三点BALANCE保持理論について

慢性足関節不安定の改善には、足底アーチを日常でも機能的に保っていくためにインソールも1つの手段として有効です。そのため、足底アーチの崩れが強い人や検査でインソールが効果的と考えられるひとには、インソールも提案させていただきます。

※強制的に購入していただく必要はございません。

カイロプラクティック心は足の専門知識があります

カイロプラクティック心は、現在販売しているインソールだけではなく、以前は足型をとりその人に合ったパーツ選択してオーダーメイドインソールを作成するために身体評価もしていました。

このような経緯からインソールについてのメリット・デメリットまで幅広くアドバイスさせていただきます。また、インソールだけがよくても靴が悪ければ、足の問題は解消されにくいです。そのため、靴の選ぶポイントもアドバイスさせていただきます。

症状別スポーツ障害

FC2と本ブログにて症状別でスポーツ障害について詳しく解説していますのでご参考ください。

野球肩

野球肘

テニス肘

腰椎分離症

グロインペイン症候群

オスグッド

膝蓋大腿関節障害

ジャンパー膝

腸脛靭帯炎

鵞足炎

シンスプリント

足底腱膜炎

アキレス腱障害(アキレス腱炎)

足の捻挫

 

スポーツ障害のカイロプラクティック施術による改善例も掲載してありますのでご参考ください。

部位別の症状改善例/伊勢市カイロプラクティック心

予約について

カイロプラクティック心は完全予約制です。

カイロプラクティック心は1人で運営しているため、施術中に飛び込みでご来店いただいても対応できません。そのため、必ずご予約をとってからご来店ください。完全予約制にすることで無駄な待ち時間もなくなるため、時間も有効に活用していただけます。

〇予約方法

0120-638-124にお電話ください。

「カイロプラクティック心です」と電話にでますので

「ホームページをみて予約をとりたいです」とおっしゃってください。

あとは

希望の日時・時間を伺い、空いている時間の予約枠をご案内させていただきます。

※当日予約も可能ですが、施術中は電話にでることができないため、営業時間前(8時30分~45分)昼休み(12時30分~13時30分)にお電話ください。

 

メールアドレスのない方は、LINEでのご予約、お問い合わせが便利です

友だち追加
予約枠の重複を防ぐため、LINEからのご予約は2日後以降とさせていただきます。当日、翌日の御予約はお電話ください。

 

LINEからのお問い合わせ、ご予約

友だち追加

人気整体(カイロプラクティック)のおすすめの選び方

カイロプラクティック心Googleストリートビュー

   カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約電話先:0120-638-124

住所:三重県伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

代表ブログ(お暇なときにお読みください)

  1. 変形性股関節症

    変形性股関節症は手術?(後悔しないための基礎知識)
  2. 変形性膝関節症

    変形性膝関節症は手術でしか完治しない?
  3. パニック障害

    パニック障害の原因/自分で出来ること
  4. スポーツ障害

    治らないオスグッド解決方法は?/正常な関節運動を取り戻そう
  5. 変形性膝関節症

    変形性膝関節症の痛みを関節の機能を向上させて軽減
PAGE TOP