スポーツ障害

腰椎分離症からスポーツ復帰を目指す

腰椎分離症でスポーツを辞める必要ありません

 

腰椎分離症は、10代(小学生・中学生・高校生)で多くみられる腰痛です。病院では「部活をやめなさい」「スポーツの中止」を宣告されることもありますが、一流アスリートの中にも腰椎分離症はいるため、スポーツを辞める必要は一切ありません。

ここでは、腰椎分離症について詳しく書いていきます。

腰椎分離症について

腰椎分離症は、図のように腰椎の関節突起と呼ばれる部分が分離した病態です。成長期の10~15歳で多く見られますが、無症状のまま過ごすこともあり、大人になってからわかることもあります。
好発部位は腰椎5番(一番下の背骨)です。なかには複数の腰椎にみられたり、両側に腰椎分離症がみつかることもあります。

腰椎分離症の原因

以前は先天的と考えられていた腰椎分離症は、ほとんどがオーバーユース(使いすぎ:反復した同じ動きを繰り返す)が原因とされています。そのため、疲労骨折と表現されることもあります。

腰椎分離症の発生要因としては、過剰な腰部の伸展動作(腰を反らせる)に回旋が加わる動きを繰り返すことで腰椎の椎間関節が何度も衝突することです。

このような発生原因から、腰部の伸展動作の多い競技(体操、新体操など)、投球動作や回旋動作の多い競技(野球、テニス、円盤投げやハンマー投げなどの投てき競技など)のスポーツ選手に腰椎分離症は多くみられます。

しかし、腰椎分離症は無症状で成人を迎えることもあり、腰椎の分離が痛みの原因とは言い切れません。

痛みの原因としては、関節の運動障害による関節包への刺激、筋肉のアンバランスによる循環不良が考えられます。

腰椎分離症の症状

  • 片側の腰背部、臀部の痛み
  • 腰を反らす動作で痛みが悪化
  • 回旋と伸展を組み合わせた動きで局所(ピンポイント)の痛みがみられる
  • 腰椎分離症の患部に圧痛が認められる
  • 下肢の痛みやしびれ感を伴うこともあるが10代では腰痛が主訴となり下肢痛は少ない

腰椎分離症の診断方法

レントゲン撮影(斜位45度)で腰椎の分離が確認でき、スコッチテリアサイン(犬の首輪)と呼ばれることがあります。ただ、初期の段階ではレントゲン診断で鑑別できないこともあり、CT・MRIなどの画像診断で鑑別できます。

また、CTやMRIでは腰椎分離症の進行程度(初期、進行期、終末期)がわかります。

腰椎分離症の病院(西洋学的)治療

進行程度によって治療方針が変わり、基本的には手術以外の保存療法が選択されます。6~12歳でみられる腰椎分離症は進行するとすべり症になるとも言われているため、骨の癒合を目指す治療を選択するケースが多いです。

コルセット(保護装具)

初期、進行期であれば、骨癒合が期待できるため、コルセットで固定して動きを制限させます。装着期間は2~3ヶ月とされています。

レントゲンで腰椎分離症が確認できる場合は、終末期であることが多く骨の癒合は期待できません。

服薬

痛みが強い場合は、鎮痛剤が処方されます。

運動療法

一般的にはハムストリング(太もも裏)大腿四頭筋(太もも前)大殿筋のストレッチ、腹筋群の筋力トレーニングを行います。

手術

保存療法で効果がみられない場合は「分離部修復術」「分離部除圧術」「脊椎椎間固定術」などの手術を行います。ただ、手術を行うことは稀です。

手術を行うことは少ないと思いますが、手術によって回復が期待できるかは以下の文献から考えると疑問です。

■18~50歳までの腰痛患者807名と健常者936名を対象に、腰部X線撮影で脊椎分離症の検出率を比較した結果、腰痛患者群は9.2%、健常者群は9.7%だった。脊椎分離症が腰下肢痛の原因と考えるのは非論理的。                                   参考文献⇒http://1.usa.gov/j2Jw5a

成人の脊椎(腰椎)分離症は腰下肢痛の原因ではないという世界的コンセンサスがあります。

成人は分離が問題がなく、少年期だけ分離が症状が起こりえるというのはとても不自然です。少年期の初期段階では、骨の癒合も可能ですがこの論文をみる限りでは骨の癒合=痛みの消失とは考え難いです。

腰椎分離症の手術を提案された場合は、少なくともセカンドピニオンを利用して複数の医師の診断をうけたほうがよいでしょう。

腰椎分離症は治らない?

分離した骨が癒合するかどうかで治ったかを評価するのであれば、終末期は癒合の期待が少なく治らないと言えます。ただ、先の文献でも書いてあるように腰椎分離症が腰下肢痛の原因にならないとされており、痛みで評価するのであれば、腰椎分離症と診断された腰下肢痛であっても他の原因で痛みが発生している可能性もあるため、治る可能性はあると言えるのではないでしょうか?

では、腰椎分離症と診断された腰下肢痛の原因について書いていきます。

関節運動の異常

全身の関節がバランスよく動くことが理想です。日常の悪い姿勢、スポーツのフォームの問題、身体の使い方の問題バイオメカニクス(運動連鎖)異常などによって、腰椎が過剰に動く(腰椎分離症では反らす運動、捻る運動)ことで関節同士が衝突する異常な運動によりその周辺の関節包も刺激され痛みが発生します。

腰椎分離症で多くみられるのは「股関節が固い」「股関節がうまく使えない」「胸郭(肋骨付近」が固い」このような問題が多いです。仮に骨を癒合する治療を選択したとしてもこれらの問題が解消されていなければ、腰椎の分離がみられないとしても腰の痛みは再発しやすいです。

筋肉のアンバランス

出典:プロメテウス解剖学アトラス

大腰筋は、腰椎に付着するため過剰な筋収縮は腰椎の前弯を強めます(腰を反らした状態になる)結果として腰部に伸展位を作ってしまい腰痛になります。また、片側の大腰筋の緊張は、腰椎の回旋も加わるため、より痛めやすくなります。

大腰筋が過剰に緊張する原因としては、大殿筋、腹筋群の機能低下、間違った体幹トレーニング、競技特性の問題などが考えられます。

日本のスポーツ現場では、メディカル知識、トレーニング知識の不足により、間違ったトレーニング方法、過剰な練習量など指導の問題も大きいと考えられます。

原始反射(対称性緊張性頸反射:STNR)

対称性緊張性頸反射(STNR)は原始反射の1つであり、姿勢反射にも分類されます。

STNRは、頭部を伸展 (上を向く方向 )すると両上肢は伸展し下肢は屈曲、反対に屈曲 (下を向く方向)すると両上肢は屈曲し両下肢は伸展する反射です。

大人になると原始反射は大脳皮質でコントロールされていますが、成長過程で何らかの原因で原始反射が強く現れる状態が保持されていたり、ストレス、疲労、大脳の機能低下がみられたりするとSTNRが現れたとき反射的に腰部を反らす動きが強まります。これが繰り返されると腰椎分離症のような腰を反らした痛みが誘発されやすいです。

この状態で筋肉の緊張を和らげたり、薬で痛みを抑えても反射が根本原因のため、過剰な腰椎伸展による痛みは再発しやすいです。

腰椎分離症は運動禁止?

基本的には安静よりも運動療法を早期に取り入れたほうが良いです。ただ、少し動くだけでも強い痛みがある場合は運動を休止して身体の状態をみながら徐々に運動を開始していくことが望ましいです。

また、運動は競技スポーツではなく腰椎の伸展、回旋を行わないリハビリプログラムを実施し、日常でも動作痛や圧痛などを指標に数週間かけて競技にスポーツに復帰させていきます。

腰椎分離症とすべり症を対象に腹横筋、多裂筋、体幹屈曲エクササイズなどを行った以下の研究があります。

治療のみを行ったケースと運動プログラムを実施したケースを比較すると痛みや機能の改善に差がみられ30ヶ月も持続した。

参考文献⇒https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9431633

このような研究からリハビリ的な運動療法は取り入れたほうが、再発予防にもなります。どのような運動が良いかは、一人ひとり腰椎分離症になった原因が違うため、それに合わせたプログラムを組むことが大切です。そのため、自己流では行わず、専門家の指導してもらうことが望ましいです。

腰椎分離症の再発予防も含めた治療が大切

痛みを取り除くだけであれば、痛み止め薬の服用、痛みが治まるまでの安静でも良いですが、「なぜ腰椎分離症になったのか?」という大事な部分を解決しておかないと腰痛が再発します。

また、年代や症状の進行程度によって、治療の選択肢が変わってきます。

6~12歳の腰椎分離症は、すべり症に進行するとも言われているため、日常生活で痛みが気にならなくなっても、コルセット固定による骨癒合を優先的にするのも1つの選択肢です。ただ、すべり症自体がどこまで腰痛や下肢症状に関わるかは不明な点も多いです。

また、低年齢ほど原始反射の問題も大きいため、コルセット固定だけではなく原始反射の問題やスポーツを始めているのであれば、練習量、フォームの習得などの見直しが再発予防につながります。

中学生も分離した腰椎の癒合が可能な年代でもあり、早期に発見できれば痛みが治まっていてもコルセット固定が治療の選択肢の1つになります。ただ、成長が早く終末期の状態であれば、速やかに運動療法を行ったほうが良いです。

高校生以上になると中学生以下に比べれば、骨癒合の可能性は低くなります。そのため、痛みが治まりつつあれば速やかに運動療法に移行していくことも治療の1つになります。成人になれば、腰椎分離症と痛みの関係性は低く、先にあげた腰椎分離症の原因の解消および、他の痛みの問題がないかを調べ、解消したほうが良いです。

成人になれば骨の分離が痛みの原因とは言えないことを考えれば、早期にスポーツ競技復帰するのであれば、痛みのコントロール及び運動プログラムを取り入れていくべきと考えます。そして、オーバーユースの原因(練習量、練習の質など外的な要因、筋機能の低下、原始反射の問題など内的な要因)を改善していくことが再発予防にもなります。

 

カイロプラクティック心の腰椎分離症の施術

腰椎分離症は運動療法を行うにしても、筋肉の機能が低下した状態では効果があまり得られません。また、関節障害がある状態では回復にも時間がかかります。カイロプラクティック心はこのような問題に対して、原始反射、機能神経学、NKTなど神経機能の評価を含め検査を重視し、原因に対してアプローチしていきます。

カイロプラクティック心では、色々な視点から身体をチェックするため、今まで改善されなかった症状も改善することも少なくありません。

身体のチェックから突き止めた原因は、主に以下のアプローチを行います。

関節障害、筋骨格系の問題⇒関節運動学的テクニック、カイロプラクティックアジャストメント

バイオメカニクス異常、モータコントロール異常⇒NKT

筋筋膜性⇒筋伸張テクニック、ストレイン・カウンターテクニック

内臓起因性⇒内臓マニュピレーション、栄養指導

カイロプラクティック心は施術歴10年の施術者が責任をもって一人で担当させていただきます。また、安心して施術を受けていただけるよう現在も文献を読んだり、セミナー、勉強会にも出向いて知識と技術向上に努めております。

腰痛関連はこちらもご参考ください。

腰痛を本気で改善したい人へ/カイロプラクティック心

腰痛改善例/伊勢市カイロプラクティック心

腰椎分離症でも早くスポーツ競技に復帰できる

カイロプラクティック心の施術者である岡も第5腰椎の両側の腰椎分離症です。中学1年生で1度はスポーツを辞めることを医師から宣告されていますが、名門校で部活を高校生まで続け、社会人になってからフルマラソン完走、野球、フットサルなどスポーツを楽しんでいます。また、ウエイトトレーニングでも125キロの重量をスクワットで持ち上げることができました(ベルトなし)

このような経験から、腰椎分離症は必ずスポーツ競技に復帰できます。

1日でも早く全力でスポーツをしたい、再発予防も含めて身体を良くしたい人は、ぜひカイロプラクティック心にご相談ください。

施術だけでなく、動作のアドバイス、エクササイズ指導なども併せて全力でサポートさせていただきます。

関連記事

  1. スポーツ障害

    足底腱膜炎の原因と改善方法

    起きたら痛い、足裏が痛くてスポーツができない、歩くだけでも痛い陸上…

  2. スポーツ障害

    治らないオスグッドの原因と解決方法

    膝だけ治療してもオスグッドはなかなか良くなりませんオスグッドは…

  3. スポーツ障害

    なかなか治らないテニス肘の原因と改善方法

    サポーター?冷やせばいい?本当にそれでいいの?テニス肘の肘の原因からカ…

  4. スポーツ障害

    なかなか治らない野球肩(投球障害)の原因と改善方法

    野球肩はどこが痛いかで病態が違う!?カイロプラクティック施術で改善させ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. カイロプラクティック(整体)

    健康保険の話
  2. 部位別の症例報告(改善例)

    下肢のしびれ痛み(坐骨神経痛)改善例
  3. 腰痛・脚の痛みしびれ

    仙腸関節障害?慢性腰痛の原因かもしれません
  4. 部位別の症例報告(改善例)

    肩こり改善例(症例報告)
  5. 部位別の症例報告(改善例)

    足関節、下腿の痛みの改善例(症例報告)
PAGE TOP