捻挫

捻挫は一般的に知られている外傷です。しかし、処置の仕方は知られておらず、捻挫クセを招いたり、後遺症がのこったりすることもあります。
言い換えれば、捻挫は「すぐに治るだろう」と甘くみすぎているケガの1つです。
とくにスポーツ選手では、パフォーマンスの低下、他の部位のケガの誘発など適切な処置が行われないことで問題が生じます。
また、指導者もメディカルの知識が少なく、テーピングやアイシングだけで練習をさせたりすることでこのような問題を増長しています。
ここの捻挫カテゴリーでは、捻挫の基礎知識から処置、リハビリの必要性などを書いています。

  1. 足関節(足首)捻挫の後遺症(慢性足関節不安定症)を改善させるには?

    ケガが多い、パフォーマンスがあがらないのは捻挫の後遺症足関節捻挫はスポーツ選手だけではなく一般的の人にも多い外傷であり、再発率も高いため後遺症に悩まされる人…

  2. 足関節(足首)捻挫の後遺症

    足関節捻挫は後遺症に悩まされることが多い足関節捻挫は、スポーツ選手だけではなく一般的にも多くみられる外傷であり、アメリカで行われた16年間におよぶ調査では1…

  3. 足関節(足首)捻挫には湿布?アイシング?テーピング?捻挫を早く改善する方法

    足関節を捻挫すると中高年に多いのは湿布、スポーツ経験や若い層にはアイシングやテーピングという処置が一般的です。しかし、それで本当に足関節捻挫が早く回復するの…

  4. 足首(足関節)捻挫の完治とは?

    足首の捻挫は痛みがとれたら完治ではありません足関節の捻挫は、スポーツ選手に多くみられる外傷であり、多くの研究で再発率が70%以上(1,2,3)と報告されてい…

  1. 手根管症候群

    手根管症候群を治すには手術しかない?
  2. 眩暈(めまい)

    めまいのチェック方法
  3. スポーツ障害

    再発するアキレス腱炎(アキレス腱周囲炎)を何とかしたい人へ
  4. カイロプラクティック(整体)

    カイロプラクティックと整体の違い
  5. ADHD(注意欠陥多動性障害)

    ADHDの原因は脳の機能異常?
PAGE TOP