カイロプラクティック心

  1. 脳機能

    言葉の遅れとスクリーンタイム

    最近では、スマホやタブレットの普及に伴い、乳幼児期からメディアを見せることが多くなっているようです。しかし、乳幼児期は脳を発育させるために重要な時期でもあり…

  2. 発達障害感情のコントロールできない大脳基底核から考える

    脳機能

    感情のコントロールができない 発達障害【大脳基底核から考える】

    自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害のこどもは、感情のコントロールが難しい(突然泣いたり怒ったりする、友達とのトラブル…

  3. 発達を促す遊び

    脳機能

    発達を促す遊び【幼児】~前庭系から考える~

    発達障害の支援は、病院や民間の療育施設、ボディーワーカー(ブレインジム、リズミックムーブメントなど)など色々な専門家によって行われていますが、共通する点として体…

  4. eスポーツケガ予防パフォーマンスUP

    スポーツ障害

    eスポーツ選手のケガ予防からパフォーマンスアップ

    eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ【electronic sports】の略)は、スポーツの競技大会である2022年のアジア大会に正式種目として採用されまし…

  5. 発達障害は視覚優位?目から読み解く脳の機能異常

    脳機能

    発達障害にみられる視覚優位は本当なのか?【目からみる脳機能低下】

    発達障害(とくに自閉症スペクトラム障害)は、「視覚優位」が多いと言われています。これはコミュニケーションの苦手という特徴がみられる発達障害において、視覚的な…

  6. 発達障害の心の問題も運動が良い理由

    脳機能

    精神障害(発達障害・うつ・統合失調症など)と小脳

    カイロプラクティック心では、発達障害のホームワークとして運動プログラムを指導しています。情緒不安定、落ち着きの無さ、学習面の遅れ(読み書き、言葉の遅れなど)…

  7. 脳機能

    脳機能に好影響を与えるカイロプラクティック

    カイロプラクティックは、一般的には「バキバキ」とする施術のイメージが根強いです。また、骨格の歪みや骨盤の歪みを直していると考えている同業者も多くいます。…

  8. 起立性調節障害カイロプラクティック機能神経学改善

    起立性調節障害

    起立性調節障害

    こどもが朝起きれない、疲れやすいなどの症状がみられる場合、起立性調節障害の可能性があります。起立性調整障害は、周りから理解されず怠けているように思われること…

  9. 野球ケガ予防 神経システムから考察

    スポーツ障害

    野球 ケガからの復帰・再発予防【機能神経(脳科学)的考察】

    野球は投球動作を繰り返す競技特性から、外傷(打撲、骨折、捻挫など)を除くと肩や肘のケガが多いです。とくに小学生では肘、高校生では肩の障害が多いとされています…

  10. 体幹トレーニング

    パフォーマンスアップ

    体幹トレーニング 効果ある?【真の体幹の安定性を知ろう】

    一流アスリートが体幹トレーニングを取り入れていることが知られ、体幹トレーニングを行う人も多くなりました。また、腰痛予防にもなるとされており、整骨院や整体でも…

  1. 腰痛改善で一番良いケア方法は?

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰痛 対処/ケア方法にはヨガ?椅子?ベルト?何が良いか教えてほしい方へ
  2. ジャンパーズニーの改善方法

    スポーツ障害

    ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎/膝蓋腱障害)/お皿の下の痛みを解決
  3. 野球肘改善方法

    スポーツ障害

    野球肘【予防から改善までサポート】
  4. カイロプラクティック心情報

    コロナウイルスの不安を和らげた人へ
  5. 美容鍼

    論文紹介

    美容鍼は効果ある?【論文紹介】/伊勢市カイロプラクティック心
PAGE TOP