起立性調節障害カイロプラクティック機能神経学改善

起立性調節障害

起立性調節障害

こどもが朝起きれない、疲れやすいなどの症状がみられる場合、起立性調節障害の可能性があります。

起立性調整障害は、周りから理解されず怠けているように思われることもあり、こどもにとってはとても辛い状態です。

病院での治療でもなかなか改善されない、薬の副作用が辛いなどによって悩まれているご家族も少なくありません。

カイロプラクティック心は、臥位(寝ている状態)、座位、立位それぞれの自律神経の状態を客観的に評価するツールおよび、神経機能検査で適切なホームケア指導を行います。

また、中枢神経を含めた神経機能を評価・アプローチすることで自律神経の状態を改善し、起立性調整障害をサポートしております。

起立性調節障害とは?

起立性調節障害は、10代(小学生・中学生・高校生)に好発する小児では一般的な病態です。(ヨーロッパ・アメリカでは起立性不耐性と呼ばれています)10代間で症状が治まることは多いですが、大人まで継続することもあります。

重度になると日常生活にも支障をきたし、不登校になるこどもも少なくありません。

以前は「怠けている」「精神的に甘えている」など原因とされ、辛い思いをしてきたこどもも多くいたそうですが、現在では医学が進歩し自律神経が関わる病態と扱われています。

症状

  • 朝に起きられない
  • たちくらみ
  • 体温調整の困難(発熱しやすい)
  • 全身倦怠感(疲れやすい・だるい)
  • 頻尿(トイレの回数が多くなる)
  • 食欲不振
  • 立っていると気分が悪くなる
  • 低血圧
  • 呼吸困難
  • 動悸
  • 頻脈
  • 汗をかく
  • 失神発作
  • 肩こり
  • 頭痛(吐き気、前兆発作などを伴うこともある)
  • 腹痛
  • 夜になかなか寝付けない
  • 記憶・注意力の低下
  • イライラ感や集中力の低下

症状は立位で悪化傾向となり、寝ていると症状が軽減すること特徴的です。(重度になると寝ていても倦怠感が強い)

また、日中から夜にかけて体調が回復して日常生活を送れるようになり、夜に目が覚めてしまうため昼夜が逆転してまうこともあります。

併存疾患

起立性調整障害は、以下の疾患と並行して現れる、または関連しているとされています。

  • 関節の過可動性
  • 機能性胃腸障害(機能性腹痛、悪心、周期性嘔吐症候群)
  • 慢性疲労症候群
  • 頭痛
  • 睡眠障害
  • 認知機能障害(記憶、注意力の低下)
  • 不安症、うつ病(精神疾患)

これらの症状もみられる場合は、とくに起立性調整障害を疑って病院を受診する必要があるのではないでしょうか。

種類

起立性調整障害は、以下のタイプに分類されます。

  • 起立直後性低血圧
  • 血管迷走性失神
  • 体位性頻脈症候群
  • 遅延性起立性低血圧
  • 起立性脳循環不全
  • 高反応型

起立性脳循環不全、高反応型は一部の病院でしか診断できないタイプです。

原因

人の体は自律神経の働きにより、どのような姿勢でも血圧を一定に保つことができます。

そのため、起立性調整障害の原因の1つに自律神経機能の低下が考えられています。

他の原因としては以下のとおりです。

  • 遺伝性(遺伝傾向が多く認められている)
  • ストレス(学校および家庭)
  • 日常の活動量が少ない
  • 水分の摂取量が少ない
  • 栄養の問題

栄養に関しては、厳密にいえば起立性調節障害とよく似た症状が現れます。例えば、鉄欠乏による貧血、糖代謝の影響により血糖値が上がりにくなどがみられると朝起き上がることが苦痛となります。

病院治療

一般的には薬を使わない療法が選択されます。

水分補給

細胞自体の水分不足は、交感神経の活動低下(血圧の低下につながる)身体活動の低下につながります。

そのため、女子では1日あたり2.5〜3 L、男子では1日あたり3.0〜3.5 Lの塩分と水分の摂取を目標とすることが推奨されています。(1日あたり8gを超える塩分を伴う必要があります。)

運動

運動は血液量を増大させる可能性があります。

日本では歩行(30分)が推奨されています。

体位性頻脈症候群では、臥位での運動、座位での運動(自転車、エルゴメーターなど)によって改善傾向がみられます。

生活習慣の工夫

ゆっくりと頭を下げた状態で立ち上がる、睡眠時間の確保、運動習慣を身につけるなど生活習慣を指導します。

薬物療法

服薬だけでは効果が少ないとされていますが、血液循環を助ける薬物療法が取り入れられることがあります。

また、併存している症状(頭痛、腹痛など)に対して、薬物療法で対処することもあります。

その他

心理療法、学校への理解を求める(学習面の支援、起立性調整障害児童の受け入れ態勢など)などが行われます。

カイロプラクティック機能神経学で考える起立性調整障害の原因

起立性調整障害は、自律神経機能の低下とされています。

自律神経は、脳の視床下部という領域がコントロールし、大脳皮質、脳幹など他の脳領域と互いに情報を交換して、身体がいかなる環境でも同じ状態(恒常性)を保てるよう自動的に働いています。

自律神経機能の低下は、互いに情報交換する脳領域の神経機能のアンバランスが原因と考えられます。

多くの小児科、精神科では脳を含めた神経機能まで評価されることはありません。そのため、神経機能が起因した起立性調節障害は病院で改善されず、カイロプラクティック心のアプローチで改善される結果となります。

脳のアンバランスは多様な症状が現れる

自律神経は、心拍や血流量をコントロールすることで血圧を安定させ環境に応じて(運動時には血圧をあげて血流量を増加、安静時は消化器への血流量を増加させ内臓機能を高めるなど)血液循環のコントロールに関わります。

そのため、動悸、頻脈などの血液循環に関わる症状が現れます。

また、大脳や脳幹にも影響を及ぼすため、大脳皮質の問題(認知障害、イライラ、集中力の低下など)脳幹の問題(体温調整の困難、呼吸の困難、食欲不振など)が現れると考えられます。

なぜ脳のアンバランスがみられる?

ストレスは、大脳皮質(とくに前頭葉)の機能を低下させます。

起立性調節障害の原因にストレスが挙げられ、脳バランスを崩す一因と一致しています。

ただ、小児の場合は脳が成熟しておらず(脳は10代半ばくらいから成熟するとされています)脳のバランスを崩しやすい状況です。

そのため、成長過程において何らかの原因(ケガ、食生活、運動不足、幼少期からゲームのし過ぎなど)によって、脳のバランスを崩していることがあります。

脳のアンバランスからみられる起立性調節障害の特徴

脳のアンバランスがみられると原始反射が残存しています。

原始反射について詳しくはこちら

原始反射は、脳幹を中心とした反射であるため、残存している状態は脳幹が過剰に働いている脳バランスと考えられます。また、姿勢反射も含まれるため、立位の姿勢が安定せず起立性の症状も現れやすいと考えられます。

原始反射以外でも過敏性(視覚、聴覚、嗅覚など)が脳幹の過剰反応としてみられることが多いです。

また、血圧を調節する中枢は、脳幹の延髄にあることから、血管性の症状がみられる起立性調整障害も脳幹の機能に影響を受けていると考えられます。

カイロプラクティック心の起立性調節障害アプローチ

自律神経の機能低下は、チェック法として以下のような方法があります。

  • 光をあてて瞳孔の収縮の仕方を見る)
  • 対光反射 目の幅(瞼が落ちていないか)
  • 皮膚の体温(左右差の確認)
  • 手汗
  • 呼吸数
  • 肋骨の広がり
  • 眼球運動
  • 血圧の左右差

また、自律神経だけではなく脳幹(脳神経テスト)小脳、前庭、大脳皮質などの神経機能を評価します。

HRV(心拍変動)アセスメントの評価装置【NerveExpress】

心拍変動は、心拍一拍ごとの変動を測定することにより自律神経によって動いている心臓を指標とするため、自律神経の機能評価が客観的に行えます。

心拍変動(自律神経評価)

クライアントの胸にベルトを巻いて、心拍変動の情報をパソコンへ送り自律神経機能を評価します。(測定時間は約5分)

臥位(寝ている状態)座位、立位、バルサルバ(呼吸負荷)、深呼吸それぞれの自律神経の働きを評価することができるため、より具体的なホームケアも指導できます。

例えば、立位で極度の交感神経優位がみられる場合は、まずは座位および臥位の状態で運動負荷をかけていくことで体への負担を少なくして自律神経症状を改善させるケア方法を提案します。

自律神経を客観的に評価することで、その人に合ったより詳細なアプローチが可能となります。

他の治療方法との違い

自律神経失調症は、鍼灸、漢方、他の整体などでも行われることもありますが、血流改善や筋肉の緊張を緩和することによるリラックス効果、ツボ刺激による自律神経のバランス改善など神経システムに注目した治療は行われていません。

そのため、曖昧な評価でアプローチされることが多くなります。

カイロプラクティック心は、自律神経に関与する神経システムを改善させることを目的とした施術です。

そして、カイロプラクティックアジャストメントは、脳機能を活性化させる可能性が示唆される研究報告もいくつかあります。

神経機能を評価して、活性させたい脳領域を特定し、神経系エクササイズ、カイロプラクティックアジャストメントなどの施術で自律神経失調症の症状改善を目指します。

カイロプラクティック心は検査を重要視し、一人ひとりの原因に合わせたアプローチを行います。

内臓アプローチ

自律神経症状でも意外と多いのが、内臓疲労や食生活の問題です。

また、原始反射が現れない場合は、栄養面の影響が大きいケースが多いです(糖質のとりすぎ、自覚のないアレルギー反応など)

このような方は、お腹を触ると固い方が多く自覚がない状態です。 お腹を直接触り、内臓に対してアプローチします。 内臓に関わりのある背骨の矯正(腎臓であれば胸椎12番など) 必要に応じて食生活の指導させていただきます。

甘い物やカフェイン飲料(コーヒー、エナジードリンクなど) の摂取が多かった場合、【甘い物食べる⇒副腎、腸などに負担掛かる⇒さらに疲れる 】というような悪循環に陥りやすいため 心当たりのある方は、少しづつでもよいのでこれらの飲食を控えましょう。

機能神経(中枢神経系)アプローチ

自律神経にも左右差があり 姿勢、簡単な動作確認でどちら側が優位に働いているかチェックします。

直接背骨へのアプローチを行うと共に簡単なエクササイズ(神経系の刺激になります)など神経の機能回復を目的に施術を行います。 

神経学的エクササイズ(眼球運動)

機能神経学検査

機能神経検査

2019年にはカイロプラクティック施術後に脳内代謝物の変化が観察された研究報告(参考文献:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31773541)もあり、然るべき検査を行えばカイロプラクティックアジャストメントでも中枢神経を良い方向へ変化させることが可能です。

脳は左右で役割が違う

脳は左右で優位に働く機能が違います。

自律神経では、副交感神経を活性化させるのは左脳、交感神経を抑制するのは右脳が関わっていることが報告されています。

起立性調節障害では副交感神経の機能も低下していることもあり、寝ている状態でも左脳を活性化させるエクササイズ(計算をする、特定方向の眼球運動、右手を意識てきに動かすなど)が初期段階には有効となるケースがあります。

頭蓋骨の調整

自律神経の経路は胸部周辺の背骨を通り、そこから上行し頭部に移行するものがあります。 そのため、頭蓋骨の調整が効果的な場合があります。

頭蓋仙骨療法

頭蓋骨の調整

生活習慣の見直し

起立性調整障害の改善は、運動が推奨されています。

しかし、起立性調整障害は、座位と立位では自律神経の働き方に違いがあり、人によって推奨すべき運動が異なります。

例えば、寝ている状態でも副交感神経が低下しているケースでは、副交感神経も優位にさせるエクササイズが必要です。

また、ウォーキングよりも座ってできるエクササイズ(自転車)寝てできるエクササイズ(眼球運動、ヨガなど)を初期段階で取り入れていくほうが良いケースもあります。

起立性調整障害でお悩みのご家族へ

脳機能を評価・アプローチは、薬を使わずに脳のバランスを調整することができ、薬の副作用や薬が合わない人にはとても有効な療法です。

一日でも早く「勉強を頑張りたい」「みんなと一緒にスポーツを楽しみたい」などの想いに応えられるようサポートさせていただきます。

病院治療が上手くいっていない、少しでも早く改善したい人は、一度ご相談ください。

参考文献:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5744271/

野球ケガ予防 神経システムから考察野球 ケガからの復帰・再発予防【機能神経(脳科学)的考察】前のページ

脳機能に好影響を与えるカイロプラクティック次のページ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

  1. 発達を促す遊び
  2. eスポーツケガ予防パフォーマンスUP
  3. 発達障害は視覚優位?目から読み解く脳の機能異常
  4. 発達障害の心の問題も運動が良い理由

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 自閉症スペクトラム障害とは

    自閉症スペクトラム障害

    自閉症スペクトラム障害のこどもを理解ために(症状・診断方法など)
  2. パニック障害の原因

    パニック障害

    パニック障害・不安障害の原因/自分で出来ること
  3. 脳機能

    脳機能に好影響を与えるカイロプラクティック
  4. 全国の先生紹介

    カイロプラクティック(整体)

    東京 大阪 横浜 名古屋など全国各地のカイロプラクティックを紹介できます
  5. スタミナ切れが走り込み不足はウソ

    パフォーマンスアップ

    試合終盤に脚が動かなくなったら走り込めはウソ!?
PAGE TOP