自律神経失調症(不定愁訴)

自律神経失調症の原因、カイロプラクティック改善方法

「原因の解らない不定愁訴」「気分がスッキリしない」など病院でも原因がハッキリしない症状があります。

不調の原因は十人十色であり、画像や血液検査などでは現れない身体の問題も多くみられます。

カイロプラクティック心では機能神経学(脳を含めた神経系)頭蓋骨療法など神経系の評価・アプローチで不定主訴、自律神経問題などにも対応しております。

今は調子が悪いけど早く元気になって自分のやりたいことをやりたい人はぜひご相談ください。

伊勢市 整体 自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称とされていますが、国際的には認知されていない病名です。

以下はWikipediaからの引用です。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されている。ただし、この病気は日本では広く認知されているもののDSMでは定義されていない。ICD-10 においては、G90 Disorders of autonomic nervous system に分類され、特定の病名に帰着しないものを G90.9 としている。

この病気は1961年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。疾患名ではなく「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」というのが一般的な国際的理解である。

出典:Wikipedia自律神経失調症

自律神経の乱れは、頭痛、めまい、動悸、吐気、だるさなど様々な症状を呈しますが、その原因にはうつ病、パニック障害、過敏性腸症候群などの疾患が隠れていることもあります。

また、副腎や甲状腺の疾患でも自律神症状が現れます。

このようなことから、自律神経失調症は病名ではなく症状を指す言葉のため、自律神経失調症を引き起こしている疾患がないかをまずは検査する必要があります。

では、なぜ病名ではない「自律神経失調症」と診断されるのでしょうか?以下は日本臨床内科医会からの引用です。

自律神経失調症は、これらの病気の症状の部分のみをまとめて表現した言葉だといえます。正式な病名でないこの言葉が多用されるのは、暫定的に自律神経失調症と診断して、適切にストレスを管理し対症的治療をすれば、重度のうつや神経症に至ることなく、症状が軽快することが多いからです。また、患者さんも医師に「自律神経失調症で、大きな病気ではありません」といわれると安心できるという面もあります。

引用元:日本臨床内科医会

病院の検査では異常が見当たらない自律神経症状を「自律神経失調症」として、そこから症状を悪化させないための暫定的な診断となります。そして、自律神経失調症を4つのタイプに分類して対処治療を行います。

本能性自律神経失調症

生まれつき(先天的)の体質が原因とされ、自律神経の調節が苦手なタイプです。

「体力に自信がない」「低血圧」「虚弱体質」の人に多くみられます。

日常生活のストレスが関与していることもなく体質が原因とされるため、生活習慣(食事、睡眠、運動など)の見直しが効果的とされます。

神経症型自律神経失調症

心理面によって自律神経が乱れやすいタイプです。

「体調の変化に敏感」「クヨクヨしがち」の人に多くみられます。そのため、精神的なストレスで体調を崩しやすく感情の変化が身体の症状に現れやすいです。

 

心身症型自律神経失調症

日常生活のストレスが原因となるタイプです。

自律神経失調症に多くみられるタイプであり、「几帳面」「努力家」「まじめ」の人が陥りやすいです。

抑うつ型自律神経失調症

心身症型自律神経失調症がさらに進行し、慢性的なストレスが原因となりうつ症状(やる気が起きない、気分が沈みがちなど)もみられるタイプです。

また、精神面だけではなく肉体面(頭痛、微熱、だるさ、食欲不振、不眠など)の症状もみられ、長い間不快な症状が続くことが多いです。

そのため、病院では抗うつ薬が処方されることがあります。

自律神経について

自律神経は、交感神経と副交感神経の2系統によって、 自分の意志ではコントロールが不可能な器官(内臓、血管など)を自動的に制御しています。

交感神経の特徴は、心臓の機能を促進させたり血管を収縮させたりすることで、組織への血流量を増加させます。 そのかわり、胃や腸などの消化器官は抑制されるため、運動などエネルギー消費する場合に活動する神経系統です。

副交感神経の特徴は、消化器官を活発にするため、消化吸収が高まりエネルギーを蓄積する場合に活動する神経系統です。

身体は生活の変化(気温、気圧、運動、睡眠、食物の消化・排泄など)に対応する必要があり、これらの自律神経が自動的に働き身体を調整することで健康を維持できます。しかし、自律神経のバランスが崩れどちらかが優位に働きすぎたときにそれぞれの特徴が身体に現れます。

 交感神経が活動し続けているとエネルギーを蓄えることなく活動状態を維持してしまうため、ガス欠の状態で生活を送ることになり疲れやすくなると考えられます。 また、身体にどんどん血液を送るため、血圧が上昇したり脈拍が上がったりします

反対に副交感神経が活動し続けるとエネルギーは蓄えられますが、全身をめぐる血流量が減少し 身体を動かせる状態でなくなるため、昼間でも眠たいというようなことがおこると考えられます。 また、副交感神経が優位であると 「ヒスタミン」という物質が痛み(悪天候時の痛みやアレルギー症状にも関与する物質)を誘発します。

自律神経をコントロールしている中枢神経(主に視床下部)は、感情をコントロールする中枢神経と相互作用しているため、精神的な症状も併発してしまいます。

 

自律神経失調症の症状

自律神経に前述した特徴があり、身体の多くの器官に関わっているため 自律神経失調症の症状も人によってそれぞれです。下記の症状を複数訴える人も少なくありません。

 めまい 、耳鳴り 、頭痛 、吐き気 、胃腸障害 、慢性的な疲労 、だるさ(倦怠感)動悸 、ほてり 、不眠 、便秘 、下痢 、微熱 、手足のしびれ、 口やのどの不快感 、頻尿 、残尿感 、イライラや情緒不安定などの精神的な症状

なぜ、自律神経が乱れるのか?

人は自律神経の働きによって、環境に適応しながら生活することができます(暑いときは汗をかき、寒いときは身体を緊張させて体温を上げたりするなど)

そのため、寒暖差の激しい季節の変わり目は自律神経も乱れやすく、体調を崩しやすい人が多くなる理由でもあります。

1日の生活リズムは寝るときが副交感神経が優位になり、昼間の活動時は交感神経が優位に働きます。1日の生活習慣の乱れによって(夜更かし、食事時間がバラバラなど)自律神経と行動が一致せず、身体に不調和をもたらします。

1929年にウォルター・B・キャノンによって初めて提唱された「逃走・闘争反応」があり、動物は恐怖に反応すると交感神経を優位に働かせ闘うまたは逃げる準備します。これは、急性ストレス反応とも言われ現代のストレス社会でもこの反応により交感神経が優位になってしまい、自律神経の乱れにつながります。

日々、ストレスを感じ続けていると交感神経が優位になる時間が長くなり、自律神経症状が現れやすくなります。

中枢神経の機能低下による自律神経の問題

自律神経の大まかな経路を説明すると「大脳皮質⇒中脳⇒橋・延髄⇒自律神経(脊髄)」になります。

生活習慣がある程度整っていたとしても、この神経経路のどこかでエラーが起これば自律神経が乱れる可能性があります。そのため、本能性自律神経失調症のタイプと思わる場合、実は中枢神経の機能低下の問題が隠れていることがあります。

身体に現れている症状が片側に集中している場合や自律神経機能の検査が片側に偏って反応があれば、機能神経のエラーによる自律神経症状が現れている可能性があります。

原始反射の問題

原始反射は、赤ちゃんにみられる反射です。しかし、何らかの影響により原始反射が大人になっても残っていることがあります。

その場合は交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできなかったり、どちらかが優位に働きやすくなっていることが多く原始反射を統合(コントロールできる状態)する必要があります。

病院での自律神経治療

  • 薬物療法(症状に合わせて抗不安薬、抗うつ薬、睡眠導入剤などを処方します)
  • 心理療法(一般心理療法、自律訓練法、バイオフィードバック療法など心身の安定をはかります)
  • 生活習慣の指導(不規則な生活、食事の偏食などの指導を行います)

薬物は補助的にその場の辛い症状を和らげるために使用され 治療としては心理療法、生活の見直しが主になるようです。

ただ気をつけたいのは、前述したように自律神経失調症は日本独自の概念であり、 世界各国では初期のうつ症で抗うつ薬を処方されることはあり得ないそうです。

また、前述したように他の疾患の可能性もあるため、診断内容に納得できないようであれば、安易に抗うつ薬に頼らずセカンドピニオンを利用することをおすすめします。

自律神経のセルフケア方法

自律神経のリズムは 「活動的な交感神経⇒昼間が優位 」「落ち着いているときの副交感神経⇒夜が優位 」というように自律神経のリズムを整えるには 生活リズムを整える必要があります。 おそらく自律神経症状のある方は、ぐっすり眠れない方も多く、規則正しい生活をしたくても出来ないケースがあります。

そこで体内時計を取り戻すために セロトニンの分泌を促す方法をご紹介します。

朝日を浴びる

 本来であれば、日の出とともに起き 日が沈み暗くなれば、眠るという生活リズムが体内にあります。 しかし、夜も灯りが点くようになり テレビ、スマホ、パソコンなど生活リズムを崩す要因が多くなりました。まずは眠れなくても朝日が昇れば、日光に当たるようにしましょう。日光に当たることで、セロトニンが分泌され セロトニンを材料に夜寝るための神経物質であるメラトニンが生成されます。

リズム運動

ひとり一人、心地よいリズムがあると思います。 分からなければ、「イチ、ニー、イチ、ニー」とリズムを刻んでもらえばよいです。 運動は何でも良いですがウォーキングは色々な刺激が入るため、おススメです。 まずは、歩き方は考えずリズムよく足を運び、腕を振って歩いてください。

「ウォーキングも億劫だ」という方は 呼吸でもリズムよく「吸って」「吐いて」を繰り返せば大丈夫です。 他にも手を叩く、足踏みをする、身体を捻るなど リズムよく行えるものであれば、何でもよいのでできることから始めてください。

瞑想

完璧主義の方、将来に不安を感じている方にはおススメです。

瞑想も研究されて、医学的にも良いとされ、最近ではマインドフルネスで検索すると 色々と情報を閲覧することができます。

やり方としては 座る、立つ、寝るなど一番楽な姿勢をやりながら見つけてください。 ゆっくりと呼吸をし、まずは自分の呼吸を感じてください 「吸ってるなー」「吐いてるなー」感じです。 他にも感じれるようになれば 車が走って行った、風が気持ちいいな、足痛くなったー など瞑想中に感じれることに集中してください。 もちろん、雑念もあり色々と考えてしまうこともありますので 「今、違うこと考えたー」程度に感じてもらえば良いです。

何回やれば? 何分やれば? 細かく気にされる方もいますが、まずは心の向くまま適当にやってください。 始めは心地よさも大切です。 30秒、3回くらししか出来なければ、それでも大丈夫! やってみようと思ったことが前進です。

カイロプラクティックで自律神経失調症が改善されるの?

自律神経失調症、うつ症など心の問題と捉えられる症状は、何に対してストレスを感じているかを特定し対処してくことも大事です。ただ、機能的な問題が影響していることもあるため、画像診断や血液検査でわからない問題(骨格の問題による関連痛、血行不良など、内臓疲労)は、 カイロプラクティックによって頭痛、めまい、不快な痛みなどが改善される可能性はあります。

 自律神経系に対してアプローチするのであれば 、瞳孔サイズや反射、血圧、心音、腸診、など自律神経に関わる器官の検査の加え 視床下部、小脳、大脳との関わりも含めて検査して原因をつきとめる必要があります。(画像や血液検査以外です) カイロプラクティック心は、神経学的機能面のチェックを行います。

チェック例)

  • 光をあてて瞳孔の収縮の仕方を見る)
  • 対光反射 目の幅(瞼が落ちていないか)
  • 皮膚の体温(左右差の確認)
  • 呼吸数
  • 肋骨の広がり
  • 眼球運動

これらをチェックすると左右差がみられることがあります。 

自律神経にも左右差があり、単純に背骨の歪みを正すのではなく左もしくは右側のどちらから背骨に刺激を入れていくかも大切になります。カイロプラクティック心は、三重県でも取り入れるところが少ない機能神経学を用いて評価しています。 心理療法、生活の見直しと併せて、身体の機能を回復させることで 自律神経症状も回復が早まる可能性があります。

カイロプラクティック心の自律神経アプローチ

〇内臓アプローチ

自律神経症状でも意外と多いのが、内臓疲労や食生活の問題です。

このような方は、お腹を触ると固い方が多く自覚がない状態です。 お腹を直接触り、内臓に対してアプローチします。 内臓に関わりのある背骨の矯正(腎臓であれば胸椎12番など) 必要に応じて章句生活指導させていただきます。

甘い物やカフェイン飲料(コーヒー、エナジードリンクなど) の摂取が多かった場合、【甘い物食べる⇒副腎、腸などに負担掛かる⇒さらに疲れる 】というような悪循環に陥りやすいため 心当たりのある方は、少しづつでもよいのでこれらの飲食を控えましょう。

〇自律神経へのアプローチ

自律神経にも左右差があり 姿勢、簡単な動作確認でどちら側が優位に働いているかチェックします。 直接背骨へのアプローチを行う 簡単なエクササイズ(神経系の刺激になります) など神経の機能回復を目的に施術を行います。 初めにチェックした動作に 左右差がなくなるよう調整していきます。 自宅でも出来る簡単なエクササイズで、良い状態を保てるように指導していきます。

神経学的エクササイズ(眼球運動)

伊勢市 機能神経学

機能神経検査

・頭蓋骨の調整

自律神経の経路は、胸部周辺の背骨を通り そこから上行し、頭部に移行するものがあります。 そのため、頭蓋骨の調整が効果的な場合があります。

自律神経症状を感じる方は、とくに施術後の状態が不安定になりやす 調子が良い日も有れば、調子が悪く感じることもあります。 そのため、施術の度に身体をチェックさせていただき 経過を観察しながら、必要に応じてアプローチ方法を変えていきます。 自律神経症状であっても、しっかり身体をチェックすると身体の機能面に問題がみられることがあります。

例 )

  • めまい⇒頸椎性(首の固有受容器の乱れ)
  • 耳鳴り⇒顎関節の問題(咬合障害)
  • 偏頭痛⇒内臓の問題(回盲弁、甲状腺など)
  • 不眠⇒胸郭の問題(呼吸が深く出来ない)

これらの原因と他の原因が複合的に絡み合って症状がなかなか緩和しないこともあります。 また、このような問題があるにも関わらず、薬だけ服用しても改善はされにくいです。

自律神経症状が、なかなか改善されない理由にはこのような機能面に低下が隠れていることもありますので、一度はチェックされることをおススメします。 良くなりたい気持ちだけは忘れず カイロプラクティック心と一緒に身体を良くしていきましょう。

不定愁訴の改善例はこちらもご参考ください。

カイロプラクティック施術による不定愁訴改善例/伊勢市カイロプラクティック心

伊勢市 カイロプラクティック心 案内

LINEからのお問い合わせ、ご予約

   友だち追加

人気整体(カイロプラクティック)のおすすめの選び方

カイロプラクティック心Googleストリートビュー

   カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約電話先:0120-638-124

住所:三重県伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

代表ブログ(お暇なときにお読みください)

  1. スポーツ障害

    足底腱膜炎の原因と改善方法
  2. 部位別の症例報告(改善例)

    肩の痛み改善例(症例報告)
  3. パニック障害

    パニック障害とは?どうやって診断される?
  4. 部位別の症例報告(改善例)

    肩こり改善例(症例報告)
  5. 伊勢市 腰部脊柱管狭窄症

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰部脊柱管狭窄症は手術でしか治らない??
PAGE TOP