骨化性筋炎から早く競技復帰したい人へ

スポーツ障害

骨化性筋炎

サッカー、バスケットボール、格闘技などコンタクトスポーツでは、打撲を含めた外傷が多いです。

打撲のなかには、血腫(血の塊)が石灰化することで、骨化性筋炎を発症してしまい競技復帰に時間が必要となります。

骨化性筋炎は、慢性化するとなかなか治らない人もいますが、徒手的な療法によって効果的に改善できることもあります。

骨化性筋炎から早く競技に復帰したい人は、一度カイロプラクティック心にご相談ください。

骨化性筋炎とは?

骨化性筋炎は、一般的に大きな筋群(中間広筋【大腿四頭筋】、上腕筋、内転筋群)に発症しやすく、大腿四頭筋の打撲はチャーリー・ホースとも呼ばれます。

若い年代に多く、主にコンタクトスポーツが原因となることが多いです。

原因

打撲によって筋肉と骨膜が損傷し、筋肉からの出血により血腫が筋肉内に溜まることで発症します。

なかには打撲以外でも骨化性筋炎するケースもあり、以下のように分類されています。

  • 外傷性骨化性筋炎
  • 非外傷性骨化性筋炎
  • 進行性骨化性筋炎

非外傷性骨化性筋炎は、感染症、神経障害などが原因となります。

進行性骨化性筋炎は先天的な原因であり、進行性骨化性線維異形成症とも呼ばれ、全身の軟部組織(靭帯、腱、筋肉など)が骨化してしまう難病です。

症状

打撲後の処置が適切に行われれば自然と痛みが治まっていきますが、不適切な処置により受傷後から徐々に痛みが悪化します。

そして、時間の経過とともに関節の可動域制限がみられるようになります。

受傷後の数週間後には炎症反応がみられない(熱感、腫れなど)にもかかわらず、受傷ヶ所を圧迫すると鋭い痛みがあります。

他には起床時の痛み、しばし夜間痛、触ってみると「木のような質感」を感じることがあります。

診断

レントゲンでは血腫の確認が難しく、CTやMRIが有効な診断方法です。

※受傷後から4~8週が経過するとレントゲンでも骨化が確認できるようになります。

骨化性筋炎の画像所見

引用元:臨床スポーツ医学

カウンセリングでは、打撲歴、いつ受傷したのか?受傷後に適切な処置ができたか?などがポイントとなります。

打撲歴があり、適切な処置が行われず数週間痛みが継続しているケースは、骨化性筋炎である可能性が高いです。また、受傷部分を触ると硬結がみられ、圧痛が生じます。

病院での治療

基本的には手術以外の保存療法が第一選択となります。

本来であれば、打撲の時点で適切な処置を行う必要があり、そうすることで血腫を最小限に抑えることができます。

軟部組織損傷の適切な処置方法についてはこちらの記事をご参考ください。

血腫や骨化に対する治療方法としては、主に以下のことが行われます。

  • 体外衝撃波
  • 血腫の吸引
  • コルチロイド注射

現在、これらの治療法は科学的な根拠が明確ではないため、ケースバイケースに対応していく必要があります。

骨化性筋炎のリハビリ(例:大腿四頭筋)

打撲の治療が不適切であると骨化性筋炎に発展してしまうケースもあり、受傷後から臨床徴候に合わせ、4つのステージに分け適切な治療を行うことが大事です。

◇臨床徴候

軽症の臨床兆候

運動が継続出来ることが多く、可動域制限は5~20%程度。

クールダウン後や翌朝に痛みを感じることがある。

中等度の臨床兆候

運動を休止して患部がこわばるまで運動を継続でき、可動域制限は20~50%程度。

体重の荷重は可能であるが、足を引きずる場合もある。

重症度の臨床兆候

完全に荷重することが困難で、動作自体に制限がみられる。

顕著な内出血がみられるため、腫脹と内出血のコントロールが出来ないこともある。

◇段階的なリハビリステージ

ステージ1⇒ 内出血のコントロール

ステージ2⇒無痛状態での関節可動域の回復

ステージ3⇒機能的リハビリ

ステージ4⇒スポーツ活動への段階的復帰

リハビリの流れ

ステージ1(急性期:受傷後)は、図のようにアイシングを行いながらストレッチポジションを維持します。

骨化性筋炎ストレッチ

引用元:臨床スポーツ医学

近年の急性処置としてアイシングは推奨されておりませんが、アイシングには鎮痛効果があります。

それが結果として、可動範囲を広げるストレッチを可能としていると考えられます。

長時間のアイシングは凍傷を招く恐れがあり、研究でもネガティブな報告が多数あるため、15分程度で十分です。

また、ストレッチはアイシングをしていない時でも行い、他動的な運動(補助して脚を動かす運動)により血腫を最小限に抑えることができます。

ステージ2は、ストレッチの強度をあげ、関節可動域を広げていきます。

ステージ3は、本格的なエクササイズ、筋力トレーニングを行い、ステージ4では競技特有の動作を入れながらリハビリを進めていきます。

中程度から重症程度は、内出血を再発させないことが大切です。

骨化性筋炎に発展した場合は、筋間部分や筋肉と骨の間の滑走性が低下したことが起因となり関節の可動域が低下していることが考えられます。

また、滑走性の低下にくわえ浮腫が継続されることで内圧が高まり(風船がパンパンになっている状態)筋肉を包む膜も伸長される刺激が加わり、痛みも発生します。

徒手的に滑走性が損なわれているポイントをみつけて、滑走性を取り戻すことで早期改善につながります。

カイロプラクティック心の骨化性筋炎へのアプローチ

急性期は、ステージ1の処置を優先的に行います。

急性期に過度な運動は悪化させるリスクを伴いますが、静的ストレッチ(痛みの無い範囲)は受傷後48~72時間から開始していくことが望ましいです。

カイロプラクティック心のアプローチが有効となるのは、受傷後から2週間後(急性期の終了時期)でも痛みが継続しているケースです。

施術

打撲が原因となる骨化性筋炎においては、患部を中心に施術を行います。

ダメージを受けた部位に伸張刺激を加えていきます。

本来、筋肉は弾性のある(ゴムの性質)組織ですが、骨化により弾性が損なわれています。それを回復させるため、施術はかなり痛みを伴いますが効果的です。

競技復帰のフォローアップ

長期間可動域が低下した状態で生活をしていると神経系のバランスも崩れています。

そのため、必要に応じて神経システムへのアプローチ(モーターコントロール異常、中枢神経系のエラーなど)も行います。

外傷による脳機能の変化は研究でも報告されています。

カイロプラクティック心は施術だけではなくホームケアも指導し、早期競技復帰を目指します。

なかなか改善されない骨化性筋炎でお悩みの方は、一度ご相談ください。

参考文献:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30204632/

 

 

痛み(疼痛)とは?前のページ

体幹トレーニング 効果ある?【真の体幹の安定性を知ろう】次のページ体幹トレーニング

関連記事

  1. ゴルフ肘改善方法

    スポーツ障害

    伊勢市/ゴルフ肘の原因と改善方法【カイロプラクティック心】

    ゴルフ肘は、肘の内側の痛みを訴える症状です。ゴルフ選手やテニスのフ…

  2. 野球肘改善方法

    スポーツ障害

    野球肘【予防から改善までサポート】

    野球肘は、病態(疾患)の総称であるため、発症年齢や損傷部位(骨、靭帯な…

  3. グロインペイン症候群からの競技復帰

    スポーツ障害

    グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)リハビリとカイロプラクティック

    股関節から鼠径部付近の痛みは、ランニング、キック動作の多いスポーツ競技…

  4. 鵞足炎改善方法

    スポーツ障害

    長引く鵞足炎(膝内側の痛み)を解決するサポート方法

    鵞足炎はランニング、水泳(とくに平泳ぎ)、自転車競技などに多くみられる…

  5. テニス肘改善方法

    スポーツ障害

    重症のテニス肘の原因は?原因から考えるテニス肘の対処法

    テニス肘は総称であり、病名ではありません。また、2つ以上の病態が併発し…

  6. スポーツ障害

    膝前面の痛み(膝蓋大腿関節の痛み)の原因、改善方法

    膝前面の痛みは、多くのスポーツ選手が経験し、そのほとんどが膝蓋大腿関節…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

  1. 体幹トレーニング
  2. 骨化性筋炎から早く競技復帰したい人へ
  3. 鍼灸
  4. ゴールデンエイジ

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. むち打ち症改善方法

    むち打ち症

    むち打ち症でも快適な生活を諦めない
  2. 肩こり改善症例報告ページ

    部位別の症例報告(改善例)

    伊勢市|肩こりカイロプラクティック改善例(症例報告)
  3. ADHD原因

    ADHD(注意欠陥多動性障害)

    ADHDの原因は脳の機能異常?
  4. 腰痛の原因がガンなど病院治療が必要なケース

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰痛はがん(腫瘍)が原因?病院治療が必須の腰痛を解説
  5. 応急処置はライスからピースアンドラブ

    捻挫

    足関節捻挫(軟部組織損傷)の処置はRICE⇒PRICE⇒POLICE⇒PEACE…
PAGE TOP