脳機能

  1. 慢性疲労 伊勢市

    慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群は、筋痛性脳脊髄炎とも呼ばれ、一般的に重度の疲労、認知機能障害、すっきりしない睡眠を特徴とします。なかには慢性的な疲労を感じるものの、慢性疲労…

  2. 発達障害感情のコントロールできない大脳基底核から考える

    感情のコントロールができない 発達障害【大脳基底核から考える】

    自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害は、感情のコントロールが難しい(突然泣いたり怒ったりする、友達とのトラブルで叩いた…

  3. 発達障害は視覚優位?目から読み解く脳の機能異常

    発達障害にみられる視覚優位は本当なのか?【目からみる脳機能低下】

    発達障害(とくに自閉症スペクトラム障害)は、「視覚優位」が多いと言われています。これはコミュニケーションの苦手という特徴がみられる発達障害において、言葉より…

  4. ブレインフォグ 原因と対処法

    伊勢市|ブレインフォグ【brain fog】の原因と対処法

    ブレインフォグは、新型コロナウイルスの後遺症の1つとして一般的に広まりました。ただ、生活スタイルや他の疾患が起因してブレインフォグはみられる症状であり、新型…

  5. 神経可塑性

    脳の神経可塑性

    脳の神経系は、可塑性と呼ばれる変化がみられることが科学的に証明されています。引用元:TIMELAPSE VISION INC.映像のように隣…

  6. 天気痛

    気象病【天気痛】に対処するために脳科学×栄養×カイロプラクティック

    天気が悪くなると「頭痛」「めまい」「古傷が痛む」などの不調を訴える人がいます。最近では気象病・天気痛などと呼ばれ、専門外来も設立されるほどです。天気痛の…

  7. 呼吸 整体

    呼吸 心と体を整える

    呼吸は、生物にとって欠かせないものです。しかし、「息苦しい」「呼吸が浅い」といったことを感じる人も多いのではないでしょうか。また、「腹式呼吸が体に良い」…

  8. 発達を促す遊び

    発達を促す遊び【幼児】~前庭系から考える~

    発達障害の支援は、病院や民間の療育施設、ボディーワーカー(ブレインジム、リズミックムーブメントなど)など色々な専門家によって行われていますが、共通する点として体…

  9. 発達障害の心の問題も運動が良い理由

    精神障害(発達障害・うつ・統合失調症など)と小脳

    カイロプラクティック心では、発達障害のホームワークとして運動プログラムを指導しています。情緒不安定、落ち着きの無さ、学習面の遅れ(読み書き、言葉の遅れなど)…

  10. 不定愁訴 改善【脳機能から考える】

    不定愁訴は、自覚症状があるものの病院の検査では原因がみつからない状態であり、病名ではありません。このような不定愁訴を訴える人は少なくはなく、成人の20~30…

  1. 栄養

    糖質制限 ダイエットの正しいやり方
  2. 腰痛ストレッチ

    腰痛・脚の痛みしびれ

    腰痛改善にストレッチ【科学的根拠から考える効果的な方法を解説】
  3. 天気痛

    脳機能

    気象病【天気痛】に対処するために脳科学×栄養×カイロプラクティック
  4. 発達障害こどもの偏食改善

    発達障害

    発達障害のこどもに多い偏食【わがままではない理由と対処法】
  5. トリガーポイント

    カイロプラクティック(整体)

    トリガーポイントは痛み治療に有効か?【筋筋膜疼痛症候群】
PAGE TOP