むち打ち症

むち打ち症は、主に自動車事故によって首がムチのようにしなることで現れる症状の総称です。そのため、同じむち打ち症でも病院では頸部捻挫、外傷性頸部症候群、バレー・リュー症候群など診断名が違います。
程度によっては数週間で症状が改善するケースもありますが、1年以上続き、病院の治療が打ち切られることも少なくありません。
慢性的になればなるほど、症状の改善が難しくなることが多く初期の段階で適切な処置を行うことが大切です。ただ、事故の程度によっては首以外のダメージも大きいケースもあり、頸部の処置だけでは適切とは言えないケースがあります。また、薬や電気治療だけでは頸部の正常な関節運動が回復せず、痛みが継続してしまうことがあります。
ここではむち打ち症のメカニズム、改善方法など詳しく解説していきます。

  1. つらいむち打ち症から解放されたいあなたへ

    むち打ち症は、主に自動車事故によって生じる頸部障害の総称です。そのため、複数の疾患名に分類され、症状も頸部痛だけではなく頭痛、しびれ、めまい、吐き気など多様です…

  2. むち打ち症は湿布で治る?なかなか治らない原因

    むち打ち症で湿布を処方されたり、冷湿布と温湿布のどちらを選べばよいか迷ったりする人もいますが、基本的に湿布はむち打ち症を治すためのものではありません。とくに…

  3. 交通事故の後遺症/むち打ち症とは?

    むち打ち症は、交通事故の後遺症として多くみられますが、症状は人それぞれです。また、早く症状が治まる人もいれば、長年頭痛や頸部の不快感が続いてしまうケースも少なく…

  1. アスペルガー症候群

    アスペルガー症候群の原因は遺伝?
  2. 手根管症候群

    手根管症候群を治すには手術しかない?
  3. スポーツ障害

    なかなか治らない野球肘の改善方法
  4. 変形性膝関節症

    変形性膝関節症は手術でしか完治しない?
  5. 部位別の症例報告(改善例)

    足関節、下腿の痛みの改善例(症例報告)
PAGE TOP