伊勢市 頭痛 改善

部位別の症例報告(改善例)

頭痛改善例(症例報告)

頭痛のカイロプラクティック施術による改善例(症例報告)

筋緊張性頭痛、偏頭痛、頸性頭痛など頭痛のカイロプラクティック施術による改善例を掲載したページです。このページは随時、症例報告を追加していきます。

偏頭痛以外にも肩こり、めまい(浮遊感)を伴う改善例(症例報告)

30代 女性

〇主訴

眼が重くなりコメカミ、後頭部周辺に偏頭痛がある。たまにめまい(浮遊感)も感じる。

〇既往歴:現病歴

とくになし

〇病院での診断

脳神経外科⇒異常なし

〇カイロプラクティック心の主な検査

  • 姿勢分析
  • 悪化する動作の確認(肩の張りが強まる動作)
  • 触診
  • 機能神経学検査
  • カイロプラクティック検査(モーションパルペーション・AKなど)

〇所感

姿勢をみると頭部が重心位置から外れている。そのため、肩回りを触診しても過緊張の状態であり、頭部を動かしても肩の突っ張りによって可動範囲が狭い自覚がある。この状態から、重心位置を正すだけでも肩回りの筋緊張が和らぐ。座位でも同様に肩周辺が緊張していたが、仙骨を保持することにより筋緊張が和らぎ、カイロプラクティック検査でも仙骨の変位が認められた。

浮遊感のめまいは、肩こりに起因することが多い(頸部周辺の固有受容器が乱れるため)そのため、肩周辺の筋緊張が和らげば、めまいが消失する可能性がある。

頭痛は、背骨が起因するケースもあり触診すると全体的に固さがみられた。仙骨の変位を修正する方向に保持すると背中の固さも変化がみられるため、仙骨の調整は必要と考えられる。

〇カイロプラクティック心の施術

施術時には頭痛がみられないため、(鎮痛剤を服用)筋緊張性頭痛、および背骨起因の頭痛と仮定し、肩周辺の緊張緩和、背骨のサブラクセーション(変位)の改善を指標に施術を行う。

初回の施術は、仙骨及び後頭骨の調整を中心に行う。1週間後の施術では、頭痛を感じずに生活ができたと報告をうけるが、肩の張りはやや気になるといくことであった。

2回目は、胸椎および胸郭の調整も追加して行い、施術後は肩の張りも軽減された。状態も良かったため、3週間後に施術を行う予定にし経過をみてもらうと、その間に肩の張りは少し感じるが頭痛やめまいを感じることなく過ごすことができたと報告される。3回目も同じ施術方針で行い、頭痛が気になるようなら連絡してもらうということで施術を終了。

〇カイロプラクティック心からのコメント

 めまい(浮遊性)や頭痛は、肩こりの影響と考えられる症例でした。偏頭痛の前兆として「肩が重くなってから」というケースもあるため、今回のクライアントはこれに当てはまると考えられます。

筋緊張性(肩こり)頭痛を単純にみてしまうと、肩の緊張をとるために肩をマッサージ(病院での電気治療、湿布、あん摩指圧師の施術など)したり、頸椎の調整を行なう整体もあります。しかし、頸椎や肩がなぜ異常をおこしていることを考えることが大切であり、今回は仙骨も問題が大きかったです。そのため、仙骨の調整により、頸部周辺の緊張も和らぎました。

この状態で、肩のマッサージや頸椎の調整をしてもその場は良くなるかもしれませんが、数日後には頭痛や肩こりが再発します。そのため、「なぜそのような症状がおこるのか?」をしっかりと考えることが重要な症例でした。

交通事故後からの頻繁におこる頭痛

40代 女性

〇主訴

1年前の交通事故(後方から追突された)の後から、頻繁に頭痛が発生する。頭痛の場所は全体的。

〇既往歴:現病歴

足関節捻挫(ひどく腫れた)

〇病院での診断

脳神経外科⇒異常なし

交通事故後は整形外科でむち打ちの治療を行うが改善されないまま打ち切り。その後は、整骨院で頭痛があるとマッサージを受けてしのいでいたが、頭痛の状態に変化がない

〇カイロプラクティック心の主な検査

  • 姿勢分析
  • 触診
  • 機能神経学検査
  • 筋力テスト
  • カイロプラクティック検査(モーションパルペーション・AKなど)

〇所感

立った姿勢は、下肢から重心がズレて立ち身体を捻じりバランスをとっているような状態であった。また、顎も開きにくい自覚もある。そのため、足関節の距骨を触診し変位方向を正す位置で保持すると顎も開きやすくなった。このことから、下肢の影響から頭部の捻じれにつながっていることが示唆される。

腹部の触診を行うととても固く、少しの圧でも痛みを感じている。とくに回盲弁、結腸の圧痛がみられた。

呼吸時の肋骨の拡張、収縮をみると右側の可動が少ない。身体全体の緊張(左側上半身前面、左側下半身後面)がみられ機能神経学的には左側の大脳機能低下と考えられ、呼吸により少し身体の緊張度が緩和する。天気が悪いと頭痛も酷いという訴えもあることから、このような機能神経の低下も一要因として考えられる。

複数の原因が複雑に絡んでいる頭痛と考えられるが、事故後からでもあるため事故による身体のダメージ考え、それらを優先的に改善して頭痛の経過を観察していく。

 

〇カイロプラクティック心の施術

事故のダメージは頸部だけではなく、自覚がなくても全身に及んでいることが多い。関節可動域、圧痛、筋力テストなどを指標にして全身のバランスを調整していく。

初回の施術は下肢(とくに右側距骨、右側股関節)骨盤及び胸郭のバランス(ジグソーパターン)などを調整。3回の施術は全身の筋骨格系のバランスを中心に改善させ、その後は天気の悪い日以外は頭痛を感じることがなかった。(1週間に1回の施術ペース)

4回目以降は内臓マニュピレーションの割合を増やし、腹部の圧痛が軽減された。機能神経学的には左大脳機能低下を改善させるためのエクササイズを指導。また、頭蓋骨、リンパ反射などの施術も行い、循環系も調整すると10回目の施術時には、天気が悪くても薬を服用するほどではなくなった。(ここまで約2ヶ月の期間で10回の施術)

本人の希望もあり、継続的(1ヶ月に1回)にメンテナンス施術を行っていく。

 

〇カイロプラクティック心からのコメント

交通事故は、一般的にはむち打ち症だけが取り上げられますが、首の痛みであっても全身をしっかりとみた方が良いです。そのため、首だけの治療を行う病院や整骨院の治療では改善されず、保険診療(車の保険会社が全額負担する治療)が打ち切られることもあります。

交通事故のダメージとしては追突されたことによる脚の踏ん張り、シートベルトの圧迫(股関節、胸郭)、衝撃による頸部を最低限見る必要があります。今回のクライアントも胸郭、足関節には可動制限、その周辺の筋緊張などもみられました。そのため、その周辺の施術を行うだけでも頭痛の頻度が減りました。

回盲弁、小腸の問題もみられました。腸は水分のコントロールにも関わり(水分コントロールが上手く行かないと水分が吸収できない下痢、水分を吸収しすぎる便秘になりやすいです)体内の体循環(内部環境)は重要で、水分補給が不足がちな人に頭痛は多く、水分を補給していても体循環のコントロールができていないと頭痛になり得ます。クライアントは、健康に気をつけ野菜もしっかり食べていましたがこのような腹部の圧痛がみられました。そのため、栄養指導よりも内臓マニュピレーションの効果が現れやすいと考えられます。

機能神経学的に左右の脳バランスが崩れると自律神経にも乱れが生じ、とくに機能低下側は交感神経を優位にして血流量を確保するように働きます。このような自律神経のアンバランスが悪天候による頭痛が関係すると推測されます。

交通事故の後遺症だけではなく、長年積み重ねられた身体の問題も絡み合って事故後に頭痛として現れた症例です。

数週間つづく頭痛

30代 女性

〇主訴

数週間前からコメカミ(とくに左側)の辺りの頭痛がひどい。鎮痛剤を服用することで痛みは治まるが翌日には再発し始める。

〇既往歴:現病歴

過去に大きな病気はなし。

〇病院での診断

脳神経外科⇒異常なし

〇カイロプラクティック心の主な検査

  • 姿勢分析
  • 悪化する動作の確認(肩の張りが強まる動作)
  • 触診
  • 機能神経学検査
  • カイロプラクティック検査(モーションパルペーション・AKなど)

〇所感

姿勢は平背であり、胸郭の動きが少ない状態であった。カイロプラクティック検査では胸椎4番(肩甲骨間)頸椎1番の可動制限が認められる。胸椎4番はコメカミに頭痛を感じやすいポイントであり、頸性頭痛であれば上部頸椎(頸椎1~3番)の問題でも頭痛を引き起こしている可能性がある。

機能神経学検査では、左大脳機能低下(回内回外テスト、バランステスト、ロンベルグ、眼球運動など)がみられ、AKでは神経不統合の状態である。

左大脳機能低下側に症状は現れやすく、クライアント自身も腰痛や背中の張りなども左に感じやすいと自覚していた。このことから左大脳機能低下をベースに施術方針を組み立てる。

〇カイロプラクティック心の施術

神経不統合をリセットするため、スイッチングを行う。その後、呼吸をしやすくするために足底、胸郭-骨盤を調整する。

背骨の変位は上部頸椎にみられたため、左大脳機能低下を活性化させる手法で調整。

施術後は頭痛が少し残ったいたが、1週間後の施術時には頭痛が気にならなかったと報告をいただいた。

神経不統合が前回みられたため、それらをチェックし、頭蓋骨の施術もくわえて行った。その後も2回施術を行い(約1ヶ月)頭痛がみられなかったため、施術を終了。

〇カイロプラクティック心からのコメント

初回の施術である程度の結果がでたため、頸性頭痛が考えられます。ただ、今後の再発予防やホームケアを指導する上では、左大脳機能低下や神経不統合の調整もできて良かったです。

神経不統合は施術で回復させることがベストですが、生活環境やストレスなどでも起こりえることであるため、ホームケア方法も指導しました。

脳にも左右差があり、クセのようなものがあります。また、過去のケガ、生活環境などにより偏った神経刺激(ケガをして右足を使わない期間があった、同じ動きが多いなど)により、脳の使い方に偏りが現れてしまいます。今回のクライアントもバランスや眼球運動に偏りがみられ驚いていました。このような偏りが、日々の動きにも偏りをつくり、頭痛以外にも症状を引き起こすことがあります。とくに眼球運動と頸部の深部にある筋肉は連動しているため、頸椎性の症状を引き起こしやすいと考えています。

そのため、今回は頸性頭痛ではありますが、機能神経学的にみたことで再発しにくい状態にできたと考えられます。

関連記事

  1. 部位別の症例報告(改善例)

    カイロプラクティック施術による膝痛改善例(症例報告)

    オスグッド、ランニング障害などのスポーツ障害から変形性膝関節症など膝の…

  2. 部位別の症例報告(改善例)

    首痛/手や腕のしびれや痛みの改善例(症例報告)

    手のしびれ、腕の痛みなどを伴う首の痛み改善例「指先や手のひらが痺れ…

  3. 部位別の症例報告(改善例)

    肩こり改善例(症例報告)

    肩こりの原因から解消する肩こり改善例(症例報告)肩こりは、肩がガチ…

  4. 部位別の症例報告(改善例)

    股関節痛の改善例(症例報告)

    変形性股関節関節症、グロインペイン症候群などカイロプラクティック施術に…

  5. 部位別の症例報告(改善例)

    腰痛改善例(症例報告)

    カイロプラクティック施術の腰痛改善例カイロプラクテ…

  6. 伊勢市 自律神経

    部位別の症例報告(改善例)

    痛みしびれ以外と全身性の不調改善例(症例報告)

    痛みやしびれ以外の身体の不調改善例身体の不調は痛み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINEからのお問い合わせ、ご予約

      友だち追加

最近の記事

カイロプラクティック心ストリートビュー

 

カイロプラクティック心の概要

カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。

ご予約:0120-638-124

住所:伊勢市小俣町本町1081

受付:月・火・水9~12時/14~20(金・土は18時まで)

定休日:木、日

カイロプラクティック心の公式Twitter

  1. 部位別の症例報告(改善例)

    肘・手首の痛みの改善例(症例報告)
  2. カイロプラクティック(整体)

    健康保険の話
  3. カイロプラクティック(整体)

    カイロプラクティック(整体)おすすめの選び方
  4. 伊勢市 自律神経

    部位別の症例報告(改善例)

    痛みしびれ以外と全身性の不調改善例(症例報告)
  5. スポーツ障害

    足底腱膜炎の原因と改善方法
PAGE TOP